今日はオークション会場へ・・・ ~AUTOSTOP~

今日は久しぶりの業界オークションへ出向いてまいりました。

場所も横浜は鶴見とお店から小一時間で行けちゃいます。

今日のお目当てはポルシェでもミニでもなく・・・

当店のお客様のお買いもの用の上写真のようなワゴン。ワゴン

何台か下見していざ競りへ上矢印

結果、今日の所は値段が合わず成約できませんでした。

慌てると貧乏くじくじ引いちゃいますからここは次回のお楽しみ。。。


倉庫を掃除してたらポルシェのメーターがこんなに・・・ ~AUTOSTOP~

今日は気温は低いもののお天気も良く前から気になっていた倉庫

に眠っている開かずの箱群の整理をすることに・・・

まぁ、箱を開けるとジャンク品の雰囲気プンプンですがよくよく検品

してみるとご覧のナロー時代のタコメーターやスピードメーターなど

懐かしい部品が出てきました。

その中には今や10万円位の部品価格になっている89yまでの

911用ヒーターのコントロールユニットなども混ざっておりました。

今日だけでは半分もできませんでしたが少しずつ御片づけして

商品棚にでも陳列しましょうかNe


ポルシェのエンジン基本調整 ~AUTOSTOP~

普通の方はあまり見る事が無い排気ガステスター。
こんな物を使いながら今回はエンジンの基本調整です。

上写真の数値は1988yモデル ポルシェ911カレラの物です。

(O2センサーはカットしての数値を読み取ります。)

写真ではデジタルがチカチカしてうまく写りませんでしたが

CO(一酸化炭素)が0.35%・HC(炭化水素)が約180~200

ppm位出てます。

こんな感じで触媒より前で測定します。

(当然マフラー出口で測ったりすると触媒を通ってしまい

正確な数値が読めませんので・・・)

元々の数値もそれほど悪い物ではなかったのですが若干COが

薄めだったので0.8%弱まで調整しました。

そんなことをするとHCも反応して逆に下がってきます。固体差も

当然ありますが今回は約150ppm位まで下がりました。

ホントは100を切りたいのですがまぁ合格点ですね合格

その調整とはこのようにエアフローメーターをいじくります。

さすがに最近はいじくっても今一つ反応しない固体も多いです

がこの88yカレラはわりと気持ちよく反応してくれました。

調整が終わりましたらカットしておいたO2センサーを戻して終了です。

お次はアイドリング調整。

上写真の赤く塗ってある丸いリレーみたいな物を差しコントロ

ーラーの作動をカットさせての調整です。

こうしないと当然ですがいくらいじってもアイドルコントローラー

が補正しちゃいますからね。。。

調整前の数値。

980rpmはちょっと高すぎです。

調整はスロットルバルブら辺の調整ネジを廻して合わせていきます。

で、880rpmに調整。

最後に差し込んである赤いやつを忘れずに外して終了です。

注: これを外し忘れるとエライ事になるので赤く目立つように

ペイントしてたりもするんです。。。

これで3.2カレラのエンジン基本調整は終了です。


ポルシェのエンジンタペット調整 ~AUTOSTOP~

964モデルまでの空冷ポルシェはご存知の通り定期的に

エンジンタペット調整が必要です。バルブ

写真は1988yモデル 911カレラ。

中央に差し込んである道具で調整していくのですがその際、

当然タペットカバー開けるので他の場所も点検します。

上写真の黄丸がヘッドボルト。 まれに折れてしまってる物も

あり発見してしまうとエンジンオーバーホールとなってしまう怖

いところです。。。

続いて上写真の黄丸の部分がロッカーアームシャフト。

ここはオイル漏れしたりするので要注意箇所ですね。

てな感じでタペット調整でカバーを開けると何気に今までの

メンテナンス状態も解ってしまう事も結構ありますょ


当店使用のポルシェ用ブレーキフルード ~AUTOSTOP~

当店でポルシェ用として使用しているブレーキフルードのご紹介。

上写真左が通常使用しているDOT4ブレーキフルード。

簡単に言うとポルシェディーラーなどで使用している物と

同じ感じな物です。

右がスーパーブルーレーシングというちょっと性能が良い

DOT4ブレーキフルード。ご存知な方も多いと思いますが

カップカーなどの指定フルードで当店でも結構人気があり

ます。

今回、車検でお預かりしてます1988y911カレラのオーナーさんも

スーパーブルーレーシングをお選びいただきました。

このフルード、ご覧のように青いんです。。。

もうひとつの当店取扱車種、ローバーミニには同じDOT4規格では

ありますがベーシックな物を使用してますので合計3種類のブレー

キフルードを在庫しちゃってます。。。♪


車検ラインの前に見とかないと ~AUTOSTOP~

車検整備でお預かりしました1988yモデル ポルシェ911カレラ。

車検の際、当然色々診るのですが特にドライブシャフトブーツや

ステアリングラックブーツ、そして写真のタイロッドエンドボールジョ

イントの破れなどは車検ラインで落ちてしまう事もあります。

認証工場とは言う物の指定工場ではないので普通に陸運局にて

車検ラインを通しに行きますのでちゃんとしとかないとねOK!!


ポルシェ ホーン交換 ~AUTOSTOP~

これまたよくあるのですがポルシェさんのホーンが片側鳴らない・・・

空冷モデルのホーンは大体右側フロントフェンダー内に隠れてます。

今回は短いほうが鳴ってませんでした。これが片方だけだとなんとも

情けない音トランペットやじるし

1本でも結構なお値段なので今回はオーナー様のご希望もあり

エアホーンに丸ごと交換する事にしました。

俗に言うフェラーリホーンも考えましたが信頼性なども考え今回は

ボッシュのエアファンファーレ・クラッシックにしました。

エアホーンのネックのレスポンスもなるべくストレスないようにハーネ

スは国産のミツバさんの物を使用。

コレなかなかなもんでホーンボタンを押してのタイムラグもほとんどなく

良い感じですsei


ビルシュタイン カーボンクリーンの施工 ~AUTOSTOP~

ビルシュタイン カーボンクリーン。

当店で施工しているのはその中でも燃料系の物で特にインジェクター

の噴霧状態の改善を主としています。

施工の仕方としては車両既存のガソリンポンプを殺しエンジンのガソリン

ラインの入口と出口にビルシュタイン製R2000(写真の黄色いヤツ)のライ

ンに繋ぎ直します。

次にガソリンで専用溶剤を希釈した物をセットしてビルシュタインR2000

をスイッチスイッチオン するとクルマ本来の燃圧が表示されます。

そしたならエンジン始動。要はクルマのポンプでなくR2000のポンプ&専用

溶剤でエンジンを廻す訳なんです。

それだけではなくR2000には燃圧調整弁が付いていてそれで規定の燃圧

プラス0.5bar位高くし、インジェクターに多少のストレスをかけの詰まりな

どを改善させていくんです。

そんな事をしながらアイドリングで約30分廻して完了。

結果、微妙なアイドル不調や排ガス濃度も改善。施工後の感想としては

アクセルレスポンスや燃費などの改善がみられたというオーナー様もい

らっしゃいました。

施工につきましては約2時間ほど頂いております。事前にご予約いただ

ければ当日の作業も承っていますのでご興味ある方はご連絡お待ちし

てますsei


本棚整理してたら出てきました希少マニュアル ~AUTOSTOP~

今までの作業伝票控えなどがいっぱいになってしまい整理をしようと

空かず状態だった本棚を整理してたら出るは出るはな今となっては

希少なマニュアル達。

それも何故かポルシェAG物の本物原本。

今まで実作業ではコピーした物を見たりしてましたが・・・・

356A・B・Cに60年代の911、今やお目にかかる事もほとんどない

912のワークショップマニュアルまで出てきました。

一部ドイツ語版で解読できない物もありますが絵を見ると何となく理解

もできるかなぁ~えへへ…

これからは大事に保管する事にしますヨッ


引き続きランボルギーニの漏電修理 ~AUTOSTOP~

ムルシエラゴの12気筒エンジンピストン

さすがに6Lオーバーで存在感がございます。

そんな中、時間が無く最終的な特定まで至らなかった漏電修理。

運よく車上で上からエアコンコンプレッサークラッチの作動が確認でき

イグニッションOFFでもクラッチが作動してしまってる事を確認・・・

と言う所で終了でした。

結果、リレーの不良と言う事が判明。OK(上写真、右側に並んでいる黒い物たちの一つ)

大事にならなくてよかったですが何故にマグネットクラッチ単体の

ヒューズ・リレーがあるんでしょう?? 勉強になります。。。