ポルシェ純正ステアリング ステッチ修理  ~AUTOSTOP~

ポルシェ911のステアリング。

ステッチが切れての修理依頼です。

s1

革にダメージが無ければこのように修復可能なんです。

s2

お預かりした時のステアリング。ステッチが切れ革が開いてしまってます。

s3

そして修復後。ほぼ完ぺきな仕上がり。

糸の通し方もオリジナルと同じです。(知らない所に出すと

若干面倒らしく我流に通されてしまう事もあるらしいのでご

注意を…)

革にダメージが無く開いた革を接着剤などで張り

付けたりしてなければ修復できますのでやたらいじらない方

がイイですョ。。。


1988y ポルシェ911カレラ リアからの異音  ~AUTOSTOP~

初めてご来店の1988y ポルシェ911カレラ。

ご用命はリアのほうからの異音の点検修理です。

とりあえず走らせてみると明らかな異音が…

b1

原因はリアブレーキの引きずりでした。固着してたのは

左側キャリパーの外側のピストンでパットも無くなりロータ

ーがご覧の通り削れてました。

メニュー的にはキャリパーのオーバーホールからのローター

&パット交換になります。

b2

外した左側のブレーキパット。左は内側のパットでまだ

残量もありますが写真右側の外側のパットは完全に無く

なり鉄がむき出しになってました。

昨年10月の車検整備の記録にはパット残量が4mmと記載

されてましたが?!  それからの走行距離も1000kmチョイな

のでおそらく右側パットしか確認してなかったのかな???


最近はこんな物もメールで送られてきます ~AUTOSTOP~

お客様からメールが届きそこにはこんな物が添付されてました。

リアブロア異音   (Quick Time Player で再生)

エンジンルームからの異音なのですが…

b1

で、ご来店いただき再確認。

音の原因はこれまた定番なブロアモーター。

b2

純正ではASSY供給で10万円オーバーな代物ですが

OEMでモーターのみの供給があります。

これならば費用的にも半分以下で済みますので。。。


ポルシェ964ターボ ワンオフマフラー完成!!  ~AUTOSTOP~

今月頭から製作に入っていたポルシェ964ターボ

のワンオフマフラーが出来上がりました。

e1

マフラーカッターは当店で最近?!流行ってる2重構造

タイプ。

e2

取り回しはターボなのでなるべく抜けをよくする方向で

ウェストゲートパイプも開いた時にその気にさせる感じで

サイレンサーレスにしちゃいました。。。


ナンか久しぶりのクラッチオーバーホール  ~AUTOSTOP~

久しぶりのクラッチ交換。

c1

と、言うのも1986yポルシェ911カレラ。

c2

クラッチが切れなくなりでのオーバーホールなんですが

開けてみるとイイ感じに錆びてる。

c3

そう、久しぶりと言うのも1986yモデルなのでタイプ915

ってやつ。俗に言うポルシェシンクロタイプ。

それにしても錆まくってる。。。


ポルシェ993 コンディションチェックからの…  ~AUTOSTOP~

当店では初来店のお客さまに限りコンディションチェック

サービスなるものを行っております。

o1

今回は1996y ポルシェ993。

全体的には良いコンディションだったのですが

オルタネーター付近より異音をご指摘したところ、

オーナー様も気になってたようでそのままお預かり

する事に。

o2

音の原因はベアリングだったのですがこの際、丸ごと

交換する事にしました。

で、バラしてみると色々と新たな発見も。

今回は上写真。ファンベルトプーリーに組み込んである部品

で通常は2個とも同じ部品のはずなのですが左側の部品に機

械加工したかのようなきれいに削れた溝が?!

何かの不具合で削れてしまったのでしょうか???