ポルシェの困ったタイヤ選び  ~AUTOSTOP~

先日、ご成約頂きましたポルシェ993。

16インチ純正ホイールが付いていてタイヤの山は十分ある

のですがちょっと古すぎいるので納車整備で交換する事に。

このサイズがまた困った事にフロントが205-55-16で

リアが245-45-16。フロントサイズはまだ色々なメーカー

で製造もしてるのですがリアサイズがほとんど無い。

純正「Nタイヤ」はBSなどでたまに造ってるようですが在庫有っ

たり無かったりで不安定なうえに非常に高価。

そんな中、私の知る限りではTOYOさんが「T1R」というシリーズ

で造ってくれてるんです。

やってくれますネTOYOさん


ポルシェ993 バンプラバー交換  ~AUTOSTOP~

ポルシェ993のフロントショックアブソーバーのバンプラバー。

ポルシェさんの部品名称的には「ラバーストップ」と言うらしいです。

こんなにボロボロになってます。

役目的にはコレと一緒にダストブーツも付きショックアブソーバー

のロッド部の保護やショックアブソーバーの底突きを防止するなど

結構な役目をするんです。

皆さんはあまり見る事ないと思いますが964や993などで

こんな感じにずり下がってしまってるのをよく見かけます。

本来ならショックごと交換したい所なのですが色々と諸事情も

あったりしますので今回はラバーのみ交換してみます。

アライメント調整用のネジを触らずにやるにはこんな感じで

ショックをバラしていきます。

今回、ダストブーツに破れなど無かったのでラバーのみを

交換。

ちゃんとしたラバーに交換するとこのようにショックのロッド部

は完全に隠れるんです。

気になる方はチョコットホイールハウスを覗いてみてくださいね。


ポルシェ993 こだわりのステアリング交換  ~AUTOSTOP~

ポルシェ993のステアリング交換の依頼を受けたのは

年明け早々の事でした。。。

何故にすぐやらなかった???

オーナー様のこだわりで964時代までのアクセサリーで

設定のあったスポーツステアリングを付けたいと言われ・・・

言って見れば「ATIWE」製のステアリングではあるのですが

ポルシェから供給される物にはホーンパットにクレストのマーク

が入っているので純正が良いと言われ本国オーダーする事に。

ポルシェから取り寄せた物にはちゃんと純正マークの

刻印も入ってます。

ここで問題が?!

ステアリングは入荷したのですが当然993のSRS用のボス

は純正では無いので社外品を使用するのですが上写真の

ようにATIWEのステアリングはボルト3本留めで市販の

ボスが付かない。

そこで今度はATIWEの輸入元さんにお願いして

ボスアダプターを手配。(上写真がそれ)

これがまた入荷までに3カ月かかってしまいました。。。

アダプターをボスに取り付けるとこんな感じで

やっと交換作業の準備が整った感じ。

てな訳で約3カ月もお待たせしてしまった訳でございます。

993の純正ステアリング。

交換後はこんな感じ。

付いてしまえば何てことないですがここまでするのに結構な

お時間がかかってるなんて誰も思わないでしょうね。。。


ポルシェ993 納車点検整備を早くしないと・・・  ~AUTOSTOP~

先日、ご成約頂いたポルシェ993。

ご成約時に「下取りに出す87y911をもうちょっと楽しみたいから

ゆっくりでいいよ・・・」とおっしゃっていたのですが昨日に車庫証明

やら登録書類一式をお持ちになってのご来店!!

ゆっくりとは言っていた物のやはり早く乗りたいのでしょう・・・

早速、今日から納車点検整備に入りますのでもう少しお待ち

になって下さいね。。。


ポルシェ964 コンディションチェック  ~AUTOSTOP~

今日は朝から初来店のお客様のポルシェ964。

約1年ほど前に他店でご購入したおクルマらしいのですがちょっと

不安な所もありでのエンジンオイル交換&コンディションチェックです。

上写真はエアコンの冷風での吹き出し口温度のチェック。

今日の外気温は約20℃。吹き出し口温度が約10℃でした。

微妙ですがこの位の冷風が出てればこの夏も乗りきれそうな

感じかな。。。

そんな事もやりながらこのようなチェックシートを使い今後の

メンテナンスの予定(覚悟!?)をご相談していきます。

作業時間は約90分。コンディションチェックの料金は税込み6300円

となっております。

今回はエンジンオイル交換もあったので2時間ほどお時間を頂きました。


またまたポルシェのスターターモーター脱着  ~AUTOSTOP~

先日はポルシェ930でしたが今回は964のスターターモーター

のオーバーホール。

しかし、今回のお車はよく乗ってられたなぁと思う位にスターターが

回ってくれませんでした。

脱着する際はこんな感じでミッションマウントを数センチ

下げて作業します。この数センチが何故か非常に大切

なんです。

930系より964のミッションはおデブになってるので

中々出てきてくれません。

ここでミッションマウントを数センチ下げるというのが生

きてくるんです。

外してオーバーホールの仕上がったスターターモーター。

ほぼ新品と言ってもいいくらいの仕上がりです。

この辺の作業はディーラー時代からお世話になっている

電装屋さんにお願いしてます。。。

後は逆の手順で組み付け、最後に配線を結束バンド

で固定して終了。

今回も素直に緩んでくれたナットさんに”日ごろの行いが

良いのか”感謝感謝です。


ポルシェ993 ご成約ありがとうございます  ~AUTOSTOP~

現在、1987yモデル ポルシェ911カレラをお持ちの渋谷区のY様。

先日の車検整備の時にエンジンの不調を発見。直すには

最低限、ヘッドのオーバーホールが必要とお話ししてご検討

されてる中での事でした。

この際、以前から気になっていた当店のポルシェ993に代替えする

事に決定。

ビッグバンパーのカレラに約20年間お乗りなってきたのですが

最終型の空冷モデルって言うのも魅力的だったようでご決断

頂きました。

ご納車は整備などもありますので来月になってしまうとは思い

ますが楽しみにしていて下さい。

それまでは3.2カレラで最後の思い出をおつくりくださいませ。。。


ポルシェ993 ドアハンドルパッキンの交換  ~AUTOSTOP~

何故かポルシェ993のドアハンドルのパッキンは寿命が

短い・・・

それまでの911・964などはここまで酷くなる物は少な

かったのですがね

パッキンを交換するには内張りを剥ぐってドアハンドル

を外さないとできません。

古いパッキンはご覧のようにパキパキ状態。

細かな部品ではありますが新品パーツに交換すると

クルマもシャキッとして見えイイ感じですね。。。


懐かしい作業が続いてます  ポルシェ930 フロントハブOH  ~AUTOSTOP~

車検整備中の 1989yモデル ポルシェ930。

もう、何年も触って無かったであろうフロントハブベアリング。

このグリスの汚れは放っておけません。

って言うかベアリングが再使用できるか心配な位・・・

とりあえずバラして洗浄です。

(写真撮り忘れてしまいましたが洗ってみたらベアリング・

レース共に問題なさそうで再使用です。)

全部、キレイに洗ったら新しいグリスを詰めていきます。

で、車両に組み付けベアリングのガタの調整をして終了。

なんか最近、ディーラー時代によくやったヘッドライト修理や

スターターモーターの車上での脱着など懐かしい作業が続

いております。

と、言ってたらまたまたスターターモーターの調子の悪そうな

964が入庫してきました。。。


ポルシェ ヘッドライトバルブ交換  ~AUTOSTOP~

1989yモデル ポルシェ911。

ヘッドライトバルブを交換してたらレンズの固定ボルトが

ガタガタになり効かなくなってしまったというトラブルでご

入庫。

D.I.Yでやってるとたまにやってしまうんですね。。。

ヘッドライトレンズはカバーを外して固定用のボルトを

外して交換するのですが・・・

固定用ボルトの相手側のナット部はただのプレートに

3・4山位のネジが切ってあるだけなのでちょっと斜め

にボルトを入れてしまうとネジ山が簡単に崩れてネジ

が効かなくなってしまうんですね。

昔、ディーラー勤務時代はこのプレートにナットを溶接

したりして苦労しながら対処してましたが最近はこん

なリベットタイプのナットがあるんでだいぶ楽チンにな

りましたがもう壊さないようにしましょうね。。。