ポルシェ964 ティプトロ ATF交換で見つけました… ~AUTOSTOP~

先日から車検整備でお預かりしてますポルシェ964 ティプトロ。

エンジンタペット調整やら着々と作業も進みティプトロのATF交換。

と、思ったら「オヤッ?」と何となく違和感が・・・

上写真を見ただけでお解りになった方は・・・流石でございます。。。

シフトワイヤーのリンケージのピンが右から左に矢印の方向に

刺さってます。 ここはエンジンを降ろす際に切り離したりするの

ですがこれだと右側のオイルパンに当たって抜けないじゃないで

すか沈黙

それ以外では支障も無いと思うのですがこの先、エンジンを降ろす

時が来た時悩まないようにココは入れ替えてあげといたほうがいい

かな。   ちょうどATFストレーナーも交換するんでオイルパンも外

す事ですしね。

で、これが一応の正規の向きかと思います。                けろけろけろっぴ


ポルシェ964  当店、初来店での車検整備

当店、お初のご来店の1992y ポルシェ 964 ティプトロ。

今回、車検整備と言う事でお預かりさせていただきました。

お聞きしたところ、約1年半前に他店にて購入されたとの事。

その間、整備らしい整備もしてなくどうも購入時の納車整備

もしてるのかしてないのか????って感じ。

もちろん汗整備記録簿も無く履歴も解らない状態あせあせ

見たところ、大きな事故歴も無く内外装の状態もそれ程悪く

ない感じです。

まぁ、964も20年選手だしこれからは現物勝負的になってくる

とも思うので色々と相談しながらコンディションを上げていきまし

ょうと言う事になりました。

まずは車検に通るかどうかの基本的な点検から・・・

早速出ました。右側ドラブシャフトブーツがIN/OUTともにパックリと

切れてます。これは交換しない事には車検もとれません。

ドライブシャフトを車上から外しての作業になります。

切れたブーツを取り去って中を覗いてみるとご覧の通りです。

切れてからだいぶ時間が経っているのか封入してるグリスも

少なくなっており薄らサビ色な物も見えてます。

切れて間も無ければグリスを足して新しいブーツを装着すれ

ばいいのですがコレは一度分解洗浄してベアリングの点検

が必要と思われます。

分解洗浄した所。

点検したところ、酷いキズも段つきなども無いようなので

オーバーホールして再使用する事にしました。

新しいグリスを封入して組み上げた図。

ドラブシャフト脱着の際にしか登場する機会のあまり無い

デカトルクレンチ。ポルシェのドライブシャフトのトルクは

460Nmと結構なトルクで締めつけてますのでこのような

物が必要になってきます。

決していい加減な工具で締めないようにしましょう。。。

これでとりあえず車検ラインは通せそうですがこの作業中

にエライ物を発見です。

お預かりしてすぐに一度、ロードテストに出かけた時にどうもシフト

レバーに節度感無く「顔」と思ってたら・・・

上写真の○印、シフトワイヤーを固定しているブラケットがグラグラ

ではないですかヤバー!

拡大した所。

ブラケットを固定しているボルトが抜けかけてました。

コレが「外れたらシフトできなくなりカメさん状態になる所です。

一応、、締めつけて解決ですがどうもこの先が思いやれそうな

予感がタップリです…汗 ダッフィー


ポルシェカレンダー 入荷しました! ~AUTOSTOP~

もう、こんな季節になったんですねぇakn

ポルシェ純正?! 2012年度版のカレンダーが入荷いたしました。

数年前までは何種類かの物があったのですが来年度版は通常の

タイプ1種類のようです。

数は少ないですが当店でも何冊か入荷してますのでご入用な方

はお早目にご購入ください♥akn♥

ちなみにお値段は  消費税込 ¥6,248.-

となっております。。。


ポルシェ964の納車点検 8&納車 ~AUTOSTOP~

先日から引っ張りに引っ張っていた1992yポルシェ964の

納車点検整備シリーズも今回で終了&納車でございます。

一通り作業も終わり内外装の清掃も完了。

あとは新オーナー様のご到着をお待ちするばかりです。

で、先日ではありますが納車点検整備の最終点検です。

まずは下廻りの点検。締め忘れなどがあっては大変な事です

のでトルクレンチが使える所はしっかりトルクも点検しながら

当たっていきます。

エンジンルーム内も清掃がてら再度忘れ物が無いか点検して

いきます。

すべて完了し、内外装の清掃も完了しましたらワイパーブレード

も新品に交換です。

最後にバッテリーも新品に交換。

バッテリー交換が終わりましたらシステムテスターで最終チェック。

以上なければ964の場合、システムアダプションしてすべてが完了

となります。

そして整備の証。定期点検記録簿を作成。

書く所が足りない位交換部品も盛りだくさん。。。

と言う事で当店でのポルシェ964の納車点検整備のご紹介で

ございました。合格 ミッキー


ポルシェ964の納車点検 7 ~AUTOSTOP~

先日より続いております1992yポルシェ964C2の納車点検整備。

実作業的にはほぼ終わり、今回は1992yモデルまで採用されていた

R12フロンガス仕様のエアコンをR134aタイプに変換するレトロフィット

取り付け作業です。

特にエアコンが故障してる訳ではなかったのですが新オーナー様

のご要望によりリフレッシュすることとしました。

エアコンコンプレッサーはR134a仕様でオーバーホールしガス注入口

もR134a用のチャックタイプの物に変換します。

あわせてR12用のオイルが溜まり易いレシーバータンクも交換します。

こちらは任意ではありますがエアコンを効かす上で重要な部品、

エキスパンションバルブも一緒に交換です。

すべての交換作業が終了しましたら一度真空引きし漏れが無いか

チェック。

異常なしと言う事で新しいR134aガスを約800g注入して再度洩れの

チェックをして終了となります。

後は明日の納車に備え最終チェックをし、納車点検整備は終了です。


ポルシェ964の納車点検 6

終盤を迎えつつあるポルシェ964の納車点検整備。

今回は基本メニューではありませんが前オーナーさんがお乗りの

時から気になっていたフロントガラスの飛び石。

運転中はあまり気にならない位置ではあるのですが助手席の所に

結構大きめな飛び石があるんです。ヒビは入ってないのですがこれ

は交換ですね。

さすがにガラス交換は業者さんを呼んでの外注作業となります。

流石の手際で交換されましたフロントガラス。

ウェザーストリップも新品となりだいぶ完了も近づいてきました。。。     ミッキー


ポルシェ964の納車点検 5 ~AUTOSTOP~

ポルシェ964の納車点検整備。

今回はブレーキ廻り。

ポルシェさんのブレーキはパットはもちろんディスクローターも

よく減ってくれます。

メーカーでも研磨や交換の基準値の指定がありますので上写

真のような感じで厚さを前後ともに測っていきます。

今回のクルマは以前のオーナーさんの時に交換してますので

ほぼ新品に近い厚さがありましたので問題なしです。

フロントパットも当然測ります。

フロントはタップリ9分強残ってるので交換はしなくとも良い感じです。

(納車点検の場合、7分位だと交換の対象になります。)

何故かヘリの早いリアの2ポットキャリパーのパット。

こちらは交換となりました。

後はブレーキラインを点検し問題無ければブレーキフルードを

交換して終了です。

これで納車点検整備の基本メニューは終了となります。

が、まだもう少し点検は続いちゃいます。。。                  ミッキー・ミニー


ポルシェ964の納車点検 4 ~AUTOSTOP~

引っ張ってます、、、ポルシェ964の納車点検整備。

先日、エンジンのオイル洩れ関係の整備が一通り終了しましたので

お次は消耗品の交換です。

まずはフューエルフィルター。 メーカーでは2万キロでの交換を指定

してますが結構これが交換してない物が多いんです。

当店では過去1年以内に交換歴が無い物は納車点検にて交換の対象

としています。

お次はエアフィルター。 コレは割と交換されている事が多いのですが

基本的に交換対象です。

そしてファン・オルタネータベルト。 こちらはある意味空冷モデル

では消耗の激しい部品となりますのでどんなに新しそうでも交換

しちゃいます。

デスビ関係は先日タペット調整した時に交換済みなのでこれで

エンジン関係の消耗品の交換は終了となります。
(もちろんエンジンオイル&フィルターも交換済みです。)

エンジンの次はティプトロのオイル交換。

こちらはメーカー的に2万キロでの交換を指定されています。
交換作業的にはオイルパンを外しストレーナー(フィルター)を

交換。

後はこのようにエンジンを暖めながら油量を調整していきます。

これでエンジン・ミッション、機関的な物の整備は終了となります。

当店では新しいオーナー様にお車をお渡しした後、1年点検や車検

のご案内位しか出来ませんのでこうやってオーナー様自身がメンテ

ナンス時期をなるべく把握できるように納車点検整備を実施しており

ます。

次回はブレーキ関係他を作業していきますので。。。             ディズニー


ポルシェ964の納車点検 3

まだまだ続きますポルシェ964の納車点検整備。

タペット調整他のお次は基本整備メニューではないですがクランク

シャフトプーリー付近からのオイルの滲みの修理です。

まずリアバンパーやマフラーを外します。

後側のエンジンマウントも切り離しての作業となりますのでこの

ようにジャッキでエンジンを支えながら作業を進めていきます。

元々滲み程度でそれほど酷そうではなかったのですがやはりバラ

してみるとこんな感じでした。

クランクシャフシール(写真上の茶色いシール)からは洩れも無く

その下のインターミディシャフトのキャップ付近から多少滲んでき

ている程度です。

コレくらいの滲みですと通常の点検整備ではやらないと思いますが

今回は納車点検整備なので両方ともに交換します。

クランクシャフトシールを交換する位までバラすとチェーンケースも

丸見え状態なので洩れてはいませんが定番オイル洩れ箇所なので

シールは一式交換しちゃいます。(上写真は左バンク)

こちらが右バンク。もちろんこちらも交換します。

で、出来上がりの全体図。

今回の納車点検整備でのエンジン廻りの整備は大体終わりになり

ますので元に戻してオイルを入れてエンジンを始動できるようにし

ます。

まだまだ続きますので。。。                             スティッチ


ポルシェ964の納車点検 2 ~AUTOSTOP~

昨日に続きましてポルシェ964の納車点検。

今回はエンジンタペット調整&プラグ交換です。

タペットカバーを外しこんな感じでゲージを差しこみながら調整していきます。

6気筒2バルブエンジンなので調整箇所は計12コ。

タペット調整する時に位しか見る事の出来ないヘッドボルトの折れ・

ロカーアームシャフトからのオイル洩れなども一緒に点検します。

このクルマに関しましては両方とも問題なしで顔文字てな感じです。

調整が終わりましたらカバーを留めてプラグを12本交換して

終了。

この際に写真を撮るのを忘れましたがディストリビューターベルトを

巻き直しキャップ&ローターも交換完了です。

お次はクランクシャフトシールからのオイル洩れの修理に入っていこうと

思います。。。                                      グーフィー