1989y モデル ポルシェ911のマフラー交換  ~AUTOSTOP~

整備でお預かり中の1989yモデル ポルシェ911カレラ。

以前から気になっていたマフラーからの排気洩れ。。。

EU並行物の為、当時によくあった「日産触媒と呼んでいましたが・・・」

触媒がメインマフラーとがっちり溶接されています。。。

排気洩れの原因はメインマフラーの腐食ではあったのですが

こんな状況なのでどうしようかと・・・

でも、有ってよかった中古品って事で丸ごと交換。

新品はアホらしい値段しますネ。。。


ビルシュタイン カーボンクリーン 車検とセットだとお得です!  ~AUTOSTOP~

車検整備でお預かりしてますポルシェ993ターボに

ビルシュタイン R2000カーボンクリーンを施工。

このカーボンクリーンは燃料系、特にインジェクターの噴霧状態

の改善に効果があります。

ポルシェの場合(ターボ車の場合追加料金がかかる場合もあります)、

通常料金18900円の所、法定12ヵ月点検・24ヵ月点検とセットで

11025円にて承っておりますのでお得なんです。

ローバーミニの場合はさらにNUTECさんのNC-900RCR 燃焼室

カーボンリムーバーとセットで通常37800円のところ、26460円

とこちらもお得なセットもご用意しておりますのでヨロシク。。。


気が付けば珍しい物ばかり・・・   ~AUTOSTOP~

ご来店されたお客様が一言。。。

「ナンか珍しい物ばっかですネ・・・」

気が付けば納車待ちの964CupCarに993ターボ。

そして1989y 911スピードスターが工場に。。。

気にして無かったけど確かにみんな希少車かな。。。


空冷ポルシェも効くなら効かせたいエアコン  ~AUTOSTOP~

ここの所、暑くエアコンガスの補充でご来店の

お客様が増えてまいりました。

今日のお車は1993yのポルシェ964。

93yと言う事でガスは最初からR134aなので流行りの

レトロフィットをお勧めする必要も無くガスの補充です。

でも、ガスを補充する際はオイルも補充したいとこです

ね。(当店で使用してる補充用オイルはWAKO’S製)

ガスの圧力も高圧で10barを下回ってるので数本は入るかな??

結局、オイル1本とガスを3本補充しました。

これで今シーズンもてば合格かな?!


ポルシェ964 オルタネーター交換  ~AUTOSTOP~

ポルシェ964のオルタネーターを交換してるとこの図です。

何故に交換かと言うと・・・

ファンベルト交換を適正な工具を使用し無かったりすると

たまに上写真のようにオルタネーターのシャフトを固定す

る穴がズルズルに潰れてしまったりするんです。

以前にベルト交換をする際に発覚。早いとこ対処したほう

がイイですよと言っておりました。

オルタネーターを交換する際はついでなのでインペラー

に圧入されているホイールハブも交換ですね。

で、ここも以前に指摘した所でオルタネーターハウジング

にあるヒータダクト固定用のビス穴もズルズルだったので

修理です。まずは下穴を開けタップを立てます。

で、リコイルを挿入して完成。

組み上げたらちゃんと発電してるかチェックして

終了となります。

これで今後のファンベルト交換は普通?!にできますネ。。。


ポルシェ964に新入荷のヘッドライトレンズを装着  ~AUTOSTOP~

昨日、ご紹介した2種類のヘッドライトレンズ。

早速、ご来店いただき今回はお安いHELLAタイプを

1991yモデル ポルシェ964に装着してみました。

純正レンズと比べるとだいぶ顔つきが変わりましたね。

レンズカットもちょっとクラシカルで面白いと思います。。。


ポルシェ911・964対応、球面タイプ ヘッドライトレンズが数セット入荷です。  ~AUTOSTOP~

先日のブログにもチョコっとご紹介したポルシェ911・964

対応の球面タイプヘッドライトレンズが数セット入荷しました。

検品がてら並べてみるとこんな感じ。

なんだかよく解りませんね。。。

で、アップ写真がコチラ。

HELLAタイプのリプロダクション品。

2枚セットで税込13000円で販売中でございます。

こちらも5セット10枚入荷。

BOSCH製です。

こちらは2枚セットで25600円で販売いたします。

コレが無くなると今度の入荷は未定でございます

のでご興味ある方はお早めにご連絡を・・・m(__)m


ブレーキパット警告灯があるはずなのに・・・  ~AUTOSTOP~

ポルシェオーナー様のご子息がお乗りの2006yモデルBMW320i。

後ろからヘンな音がするからちょっと診てというご連絡。

で、診てみると一目瞭然でした。パットが無くなりディスクローター

がガリガリ状態。

上から覗くとホントにパットが無い。。。

当然、BMWにもパットが少なくなった時に点灯する警告灯の

センサーがあるはずなのに警告灯は点いてないんです。

ポルシェでも80年代から4輪にセンサーが入ってるのに

BMW左フロントと右リアにしかセンサーが無いんです。

ちょっとせこすぎやしませんかね。。。

で、外したパットがコレ

センサーが付いていたパットはまだ4mm位残ってました。

これまた対抗ピストンのブレーキだと通常はわりと平均的に減って

いくんですけどこのBMWみたいなフローティングタイプだとこんな事が

起きちゃうんですね。

そんな事で早く気が付けばいらなかったローターも交換となってしまい

ました。。。


ポルシェ911 3.2カレラのショック交換  ~AUTOSTOP~

今日はポルシェ911 3.2カレラのショック交換をやって見ました。

オーナー様と相談の結果、後日にタイヤを交換してアライメント

を調整したいとの事だったので今回はアッパーマウントは交換

せず(アライメント調整する時に交換しましょうと言う事で)ショック

のみの交換です。

使用するのは定番のビルシュタイン製でちょっと硬めなヤツ

を選びました。

3.2カレラ用はカートリッジ式なのでお値段的にも優しいですネ。。。

リアはASSYでの交換になります。

その時のひと手間。最後の締め付け時にはショックを縮めた

状態で(上写真はリフトアップした状態なのでサポートスタンド

でショックを縮めてる感じ)トルクを入れてあげるほうが良いらし

いですョ・・・


1989y  ポルシェ911 初めてのドアシール交換  ~AUTOSTOP~

1989yモデル ポルシェ911カレラ。

今回、車検整備でのお預かりなのですがご用命事項の中に

ドアシール交換なる物が。。。

正直、いままでやったこと無いんですが・・・

確かに言われて見てみると所々破れてきていました。

どのように留っているのか覗いてみると触った先からビリビリと

破れていく。。。

で、なんとリベットが打ってありました。(部品図にはタッピング

スクリリューって書いてあるにぃ~!?)

ドリルで揉んで外しにかかります。

この嫌みのような数のリベット。さっきも書きましたが

部品図ではタッピングスクリューと書いてあったので

すがもう部品の供給が無いとのことなのでリベットで

取り付ける事にしました。

出来上がってしまえば何事も無かったかのように付いてますが

結構な面倒でございました。。。