ポルシェ993 売約からの商談中へ…?!  ~AUTOSTOP~

先週来られたお客様が再来店。

お目当ては1996yポルシェ993MT。

2014.06.29-993

今日はご試乗いただき下廻りなどを一緒にチェック&ご説明。

気に入って頂いたようでめでたくくご成約となりました。。。

が!?注文書を作成中に以前から話を進めていた車の入荷が急遽

決定!!そのお車が1997y993MT。だまっていてもイイのですが

一応そんな車も入る予定が…とご紹介した所、どうも気になるよ

うで。

そんなこんなで一応1996y993のほうはちょっとの間、商談中と

させていただきます。


ポルシェ964 オイル洩れ修理  ~AUTOSTOP~

なんか久しぶりな車上でのオイル洩れ修理。

今回は1991yポルシェ964。

o1

前期型の定番、タペットカバー。

o2

今回のお車はここが一番酷かったです。

パワステプーリーハウジング廻りのOリング&カムシャフトシール。

o3

で、ここも定番、左右カムチェーンカバー廻り&クランクシール

&インターミディのキャップ。

ここくらいまでならエンジンを降ろさずに修理できます。。。

o4

今回、一番高価だった部品がコレ。

EXタペットカバー!!1枚で6万円オーバー×2もしちゃいます。

お値段を言うとなかなか交換するって方も少ないのですが今回

は気持ちよく交換しちゃいました。。。


ポルシェ964 エアコン修理 分解  ~AUTOSTOP~

エアコンガス洩れ修理中のポルシェ964。

a1

エアコンユニットをASSYで取り外し分解すると

エバポレーターがやっと出てきます。

上から見るとエキスパンションバルブとの繋ぎ目

も怪しい感じですが…

a2

エバポエーターを抜き取るとご覧のように腐食

が進みガス洩れが染みのようになってました。

今回はコンプレッサーもOHしエバポレーター・

エキスパンションバルブ・レシーバータンクの交換

となりました。費用もそれなりにかかっちゃいまし

たけどここまでやらないと治りませんから。。。


ポルシェ964 エアコン修理  ~AUTOSTOP~

いよいよエアコンシーズン到来です。

a1

ポルシェ964のエバポレーター交換作業風景。

よく見ていただくといつもとちょっと違うの

解りますか?

そう、今回の964は右ハンドル車なんです。

右ハンドル車は後設計なのか微妙に違う所があり

結構イライラしちゃいます。。。

a2

ついでに今回のお車は1991yモデルと言う事でコンプレッサー

もR12仕様からR134a仕様に変換&オーバーホールもしち

ゃいます。


ポルシェ964 これも微妙に雨洩れの原因に…  ~AUTOSTOP~

雨洩れ点検中のポルシェ964。

主原因はドアの廻りを一周しているドアシールの

劣化による圧着不良だったのですが…

d1

他にも微妙な所がこのドアガラスシール。

d2

古くなってくると縮んでしまい隙間ができてしまいます。

そうなるとドアの中に雨水が多量に入りこんでしまいます。

ドア自体は内張りにシールシートが貼ってはありますがそれ

で雨水の浸入を防ぐにもシートも古くなってくると限度があ

ります。

d3

今回のお車のドアガラスシールは新品と比べると

約15mm位短くなってました。

d4

見た目にも隙間ないほうがパリッとしますしお値段的

にも片側部品代で1500円程度なので交換してみても良

いのではないでしょうか。。。


ポルシェ964 ドアロックが開かない!?  ~AUTOSTOP~

ドアロックが全く効かないポルシェ964が入庫。

d1

シート下の図。上側のシルバーの箱は集中ドアロック&

アラームシステムユニット。下の黒いのは社外のキーレスユニット。

共にカビのようなもので覆われてる?感じ。

d2

ユニットの載っかってるトレーの下に水たまりが…

原因は雨洩れによる物でした。ほぼ水没状態。

d3

で、何気に大変だったのはこのドアロックモターの固着。

ロック状態でカギがピクリとも動かない。。。

ドアが閉まってる状態でドアの内張りを剥がして

ナンとかドアロックモーターを取り外し無事ドアを解錠。

今回はアラームユニット&ドアロックモーター、それにキーレスを

新たに取付て作業は終了。

残った作業は雨洩れ点検修理です。。。


ポルシェ964に当時物RUFステアリング取付  ~AUTOSTOP~

ポルシェ964にRUF製ステアリングを取付。

そんなに難しくないのでは?!…

a1

ただ今回の作業にはこのような部品が必要なんです。

何か解る方は流石でございます。。。

a6

付け終わりの図。

そうです。このステアリングは”ATIWE”というメーカー

が造っていた物。当時、ポルシェのアクセサリーパーツの

スポーツステアリングも同じメーカーさんでした。

a2

で、今回付けたのが1992yモデル ポルシェ964。

a4

1992yモデルと言う事でSRS付用のステアリングボスを使用

します。

ここまでは通常のステアリング交換と同じなのですが

このままではナルディやモモなら付きますがATIWE

さんのは付けられないのです。

a5

そこで登場するのが先程の変換アダプター。

コレをかます事によって3点留めのATIWE製ステアリング

が付けられるようになるんです。

最近は需要が無いのか国内に無くメーカー本国バックオー

ダーで約3カ月ほど待ってしまいました。。。


燃料系洗浄システム ビルシュタインR2000カーボンクリーン  ~AUTOSTOP~

法定12ヵ月点検整備でお預かりの1989yポルシェ911カレラ。

2014.06.13-R2000

整備も一通り終わり最後にご用命のあったビルシュタイン

R2000カーボンクリーンの施工です。

当店では法定点検時とセットで特別価格にて施工してます。

このシステム、特にインジェクターの噴霧状態の改善にも

お勧めでございます。。。


週明けに向かっての下準備  ~AUTOSTOP~

ここのところ何故だか整備仕事が忙しかったのも

何となくひと段落した感じで。

d1

と、余裕をかましてると何が起こるか解らないので

週明けに向けてポルシェ993のデスビベルトを巻き直

しておきましょう。。。

d2

と言ってたら亀裂だらけのドライブシャフトブーツ

が登場!?

d3

こちらも週明けから本格的に整備する1989y ポルシェ911カレラ

の物なのでチャチャッっとブーツ交換しておきましょう。。。


ポルシェ964 スタビリンケージ修理  ~AUTOSTOP~

ポルシェ964のフロントスタビライザーリンケージの

ボールジョイント。

s1

こんなふうに破けてる固体を多く見かけます。

純正部品ではASSYでの供給で結構なお値段。

s2

そんな時は古いブーツを剥ぎ取り中のグリスを

詰め替えて…と

s3

社外品ではありますが新しいブーツを被せてあげます。

地味な作業ですが破れてるのはあまり気分良くないです

から。。。