シフトレバーが上下左右にガッタガタ・・・ ポルシェ964 ~AUTOSTOP~

車検整備で入庫しましたポルシェ964。

特にご指摘は無かったのですが試乗してすぐに「アレッ??」

シフトレバーに物凄いガタが。。。

原因はsss

シフトレバーの下にあるチューブで支点的な役割をしてます。

そのチューブを支えているブッシュが割れてチューブが中に

落ちちゃってます。

正常な状態はこんな感じ。

上が粉々になったブッシュ。下が新品。

こんなブッシュですがスンゴク大切な部品でございます。

最近、バックとか5速に入りずらいなぁ・・・とか感じてる方、試しに

シフトレバーを上に引っ張って見てください。ガッコンガッコン動く

ようでしたらほぼ間違いなくこのブッシュ、イっちゃってますsei      読書


ポルシェ964・993  RSのキルスイッチ ~AUTOSTOP~

こんなお問い合わせが…??

993RSに964RSや993RSクラブスポーツのようにキルスイッチ

を付けたい。。。

当然、純正っぽくです謎

993RSにも純正キルスイッチ用のステーは付いてるしそんな難しい

事でもなさそうなんて思ってたら大間違いです。

こちら964RSのキルスイッチの配線取り廻し。

RSのキルスイッチはプラス線側に付いてます。

バッテリー端子側のケーブルは前側にあるブレーキブースターの

側をを通りスイッチへ。 ボディー側のケーブルはボディフレーム

に沿って後ろ側に這わせてあります。

で、こちらは993RSクラブスポーツ。

両方ともにブレーキブースターの側を通り1本はバッテリー端子へ、

もう1本はノーマル964・993のようにフロアを這ってボディの中へ

引き込まれてます。

我流でやるならちょっとしたケーブルの改造でこなせそうですが純正

部品でまじめにやろうとするとボディ側プラスケーブルを丸ごと交換

となり結構なお仕事になりそうです。

そんなこんなですがRSのキルスイッチの配線をここまでマジマジと

見たのは初めてでございました。。。                       ドナルド


ポルシェ964 エアコンガス洩れ ~AUTOSTOP~

空冷ポルシェの場合、964・993問わずエアコンガス洩れの定番箇所。

他にもありますが今回はエキスパンションバルブ。

フロントフード内、バルクヘッド付近の中央にあります。

その先はエバポレーター(これもよく洩れます。。。)

通称、エキパンを外すとこんな感じでエバポレーターの繋ぎ目が

見えます。

左が新品、右が古い奴です。

このようにOリング4個を挟んで取り付けられてます。

ガス洩れの他、エアコンの効き自体にも影響する部品なのであまり古い

物は交換をお勧めしております。                         チップ


ポルシェ964 定番オイル洩れ ~AUTOSTOP~

ポルシェ964の定番なオイル洩れ箇所の一つです。

他にもあったりはしますが今回はsss

オイルフィルターハウジングからサーモスタットに延びていくホース。

経年劣化でホースのカシメ部分から洩れ始めてました。

その下にはEXマフラーがあるため洩れが酷くなってくると白煙が出た

りもしちゃいます。

このホースを交換するにはオイルタンクも外す事になるので

タンクに繋がっているホース4本も交換となります。(古い場合ですけど・・・)

今回は純正品でなくカシメを切開してホース部分のみをメッシュホース

に交換する事にしました。(そのほうが部品代が大分安く済むので)    ダッフィー


ステアリングを動かす度にホーンが鳴っちゃうポルシェ993 ~AUTOSTOP~

ポルシェ993によくあるトラブル。

前にも書いたような気もしますが・・・ステアリングを動かす度にホーンラッパ

が鳴ってしまう。。。  困った物です。

原因はコレsss

エアバッグのウラの銀色のフレーム。(リテーニングフレームって言います)

この四隅がホーンのコンタクト部分になっておりエアバッグを押すと接点が

触れてホーンが鳴るようになってます。

コンタクト部分のボルトを外すとこのようにゴムが付いてます。

上写真は古い物でこのゴムのテンションで接点に隙間を作っ

てます。

こちらは新品。微妙に形状も変わっており硬くなってます。

今回は97yモデルなのでこのフレームの交換のみで作業終了と

なりましたが95yモデル辺りまでの物ですとステアリングASSY交

換となる場合もありますのでご注意を祈る                     ドナルド


ヘッドライトがハイビームになっちゃう!?=ポルシェ964編= ~AUTOSTOP~

先日も似たような事を書きましたがその時は1988yモデル 3.2カレラ

でした。

今回は1993yモデル 964でございます。

何故か空冷モデルに多いトラブル。走行中にヘッドライトが勝手に

ハイビームになってしまう…んー

原因はウィンカーレバーにあるハイ&ローの切り替えの接点不良

なんです。

3.2カレラと形は違う物の作動的な造りはほぼ同じ。

ただ964以降のモデルはコラムスイッチがばらせなくアッセンブリー

交換となってしまうためエアバッグ・ステアリングなどを外しての作業

になります。

すごく小さくてわかりずらいですがマル印の所がハイ&ローの切り替え

の接点。上写真のように正常な物はロービーム状態の時に隙間があり

ます。

このレバーにガタつきなどが出てくると上写真のように接点がくっつい

てしまいハイビーム状態となってしまいます。

このトラブル、何年経っても部品的に改善されないの困った物です。    キティちゃん×汗


ポルシェ993カレラS・販売準備が整いました  ~AUTOSTOP~

以前に入荷していましたポルシェ993カレラSエアロバージョン。

各部の点検などが一通り終了しましてようやく商品車の仲間入りです。

1997yモデルの限定車でございます。

エアロバージョンというだけあって専用フルエアロ装着モデル。

ホイールもクラッシクスポーツ 18インチ。

カレラSの「S」とはこのリアビューのとおりワイドボディの事です。

内装シートなどもエアロバージョン専用なんです。

気になる価格は  消費税込車両本体価格  580万円 !!


いかがですか!?                               ばるーんあか


商品車のナビ外し ポルシェ993  ~AUTOSTOP~

久しぶりのブログでございます。

夏休みも終わり本日より通常通りな営業をスタートしましたので

宜しくお願いします。

で、今日は先日入荷しました新しい商品車のポルシェ993。

まだストックリストには詳細をアップしてませんが今週中には商品化

も終了予定という事で・・・

当店の商品車は基本的にオリジナルに戻せる物は戻してから販売

しております。

今回の993もその予定で進めております。

現車にはどうも新車当時物のナビが付いておりまして最新に近い物

でしたら迷う所なのですがあまりに古っぽいので外す事にします。

何方が付けたのか結構キビシイところに配線が通されていたりで

1日仕事になってしまいました。

外してみるとこんなに配線がいっぱい。                ディズニー


ポルシェ993のドア開閉時の異音? ~AUTOSTOP~

明日から当店も夏休み、私も休みますのでこのブログもしばらくお休み

いたします。おじぎ (16日の火曜日より営業しますので・・・)

で、今回はポルシェ993のドア。

ポルシェ993でドアの開閉時に「バキッ!」って嫌な音が出る固体が

時たま見受けられます。

964も993も基本的な構造は同じなのですが何故か993によくあります。

原因はこのドアストッパー。 それも嫌な事にボディ側の受けの部分

から出るんです。ドアの開閉時によく見ていただけると判ると思いま

すが中の溶接が弱いらしく動いてしまうんです。

本来ならばフェンダーを外しての修理になりますがそこまですると

費用も相当なものになってしまいます。

そこで今回は、パッと見に解らないように下側の見えずらい所を溶接で

補強しました。

これで異音も解消、ストレスなく開閉できるようになりました。OK!!


ポルシェ993のスモールライト ~AUTOSTOP~

ポルシェ993のフロントスモールライト。

964までの911系はヘッドライト内にスモールライトがありました。

993になってフロントフォグランプ横に移動・・・

これがオリジナルなら何の問題も無いのですが964時代からこの

フォグランプの所にダクトを付けるのが定番アクセサリーの一つと

なり・・・

964なら問題ないのですが993にダクトを付けるとスモールランプが

無くなっちゃったり・・・(一部ご丁寧にスモール付きのダクトもありますが)

その場合、こんな具合にスモールを付けるのが合法的ですね。

こんな所に付いてます。。。                            目