簡単なようで・・・なテールレンズシール交換  ~AUTOSTOP~

オーナー様からのご指摘で交換のテールレンズシール。

お車は車検整備でお預かりの1988yモデル ポルシェ911カレラ。

t1

言われてみればパキパキになっってしまったシール。

交換するには何気にレンズASSYを1回引き出さない

と出来ません。

t2

交換後のシール。

簡単なようですが流石に25年以上前のお車。レンズASSYを

固定してるビスも固着して外れない事もシバシバです。。。


1989y ポルシェ911カレラ 定期的整備は予防にもなるんです。  ~AUTOSTOP~

車検整備でお預かりの1989yモデル ポルシェ911カレラ。

d1

あまり走行も伸びてなく特に大きな問題もなさそうですが…

上写真、ドライブシャフトブーツもパッと見は問題なそう…

d2

がこのように亀裂が入り始めており何時パックリ口を

開けるか判らない状態でした。

d3

そんな事もあるので距離を走って無くてもクラシックな

お車は定期的な点検も必要なんです。。。


ブレーキ踏むたびにホーンが鳴っちゃう ポルシェ993  ~AUTOSTOP~

ブレーキを踏むと「プーッ」ってホーンが鳴っちゃう

ポルシェ993が入庫。

r1

993定番のトラブルです。

このまま乗ってるとそのうち前のクルマの人にいちゃもん

つけられちゃうかもです。。。

原因はエアバッグを支えているリテーニングプレート。ホーン

コンタクトの役目も担っております。

r2

見た目には解らないですが触るとブッシュのコシが無く

なってます。それでエアバッグの重さに耐えられなくな

ってホーンが鳴っちゃうんですね。

今回は1997yモデルだったのでそのままプレート交換だけ

で済みましたが1996y初期モデルまでの物はステアリングご

との交換らしいですので。。。


1986y ポルシェ911カレラ エンジン調整で必要なんです。  ~AUTOSTOP~

お初のご来店の1986yモデル ポルシェ911カレラ。

ご用命は車検整備です。

c1

で、上写真、黄丸のサビサビなボルト、何か解ります?

インジェクションモデルの3.2カレラですが一応の

エンジン調整をするようになっております。

その際、触媒を通す前の排ガス濃度を測る穴なんです。

上のような状態のお車も多く外す時に折れこんでしまう

事もシバシバ…

c2

当店の管理ユーザーさんのクルマは対外古いボルトは

交換してるので安心なんですがお初のお車はこんなの

が多いです。おそらく排ガス濃度を測ったりしないの

かな?!

現在供給されてるボルト(上写真)は非常に丈夫そうです。


ウォッシャータンクシリーズ  ポルシェ964  ~AUTOSTOP~

昨日は1988y ポルシェ911カレラのウォシャータンク

清掃してましたが本日は…

w1

ウィンドウウォッシャーを出すとこのように黒っぽい

液体がピューッて出てくるポルシェ964。

w2

964のタンクも左フロントフェンダーに付いてます。

外からはインナーフェンダーで隠れて見えませんがこれ

もまた無駄にでっかいように感じます。ドイツ人はウォ

ッシャー頻繁に使うんでしょうか?

w3

中の液体を抜いてみるとやはりヘドロな物がデロ~ッて

出てきました。

今日も外してジャバジャバと洗浄してあげます。

続く時は続くもんですネ。。。


1988yポルシェ911 ウィンドウウォッシャー清掃  ~AUTOSTOP~

車検整備でお預かりの1988y ポルシェ911カレラ。

まずは車検ラインを通せるように基本的な点検を…

ウィンドウウォッシャーが出ない。一応、ラインで

指摘されないように直しておきましょう。

w1

と、順に追っていくとどうもウォッシャータンクが

怪しい感じ。

定番と言えば定番なんです。1989yまでの911のね。

で、この無駄に大き過ぎと思うタンクを外していきます。

満タンに入ってると結構な重さですョ。。。

w2

原因はコレ↑

ストレーナーの先にヘドロ状な物が…

タンクが大きすぎて使い切る前にウォッシャー液が腐り

詰まりを起こすんですね。って事でタンクをはして

中を洗浄すんです。。。


ポルシェ993 オイルクーラーファンレジスター不良  ~AUTOSTOP~

ポルシェ993のオイルクーラーファンレジスター。

ファンの強弱をコントロールする抵抗器ですがどうも

弱が廻らず強も廻ったり廻んなかったり…と思って見て

みると?!

r1

なんか固定されずにブラブラしてます。

抵抗器だけに熱もそれなりに出ますし危険な

状態ではないかと。

r2

外してみると配線も断線してます。これじゃファンも

まともに廻らないですね。

r3

大概はこんな風にL型ステーで固定したりするんです

けどね。


1989y ポルシェ911 リアからの異音  ~AUTOSTOP~

車検整備でお預かりの1989y ポルシェ911。

どうも道の悪いとこを走っていると後ろの方で「キチキチ」

と異音が出るとの事で点検してみると…

s1

リアのスタビライザーブラケットにクラックを発見。

このブラケットはボディに溶接されてる厄介者です。

s2

ひん剥いたブラケット。とにかく力技です。。。

s3

あとはこのように新しいブラケットを溶接。

写真は溶接直後ですが熱が冷めたら錆止めのアンダーコート

を塗って完成となります。

若干の筋肉痛を感じます・・・^_^;


ポルシェ993 異音シリーズ?!  ~AUTOSTOP~

昨日はオルタネーター付近の異音でしたが今回は

エンジンタペット付近からの異音。

t1

ポルシェも964までは調整式のタペットでしたが

993以降は油圧式に変わり基本的にメンテナンス

フリーになりました。

が、ここにきてタペット付近から”カタカタ”と異音が

出てくる物が…

t2

原因はこの油圧タペットの抜けによる物。

今回は6番シリンダーのインテーク側からの音でしたが

ついでに右バンクの油圧タペットを6個を全部交換する

事になりました。(^_^)v


ポルシェ993 オルタネーターからの異音  ~AUTOSTOP~

オルタネーター付近から異音が出てるポルシェ993。

h1

主原因はおそらくオルタネーターと言うより空冷ファンの

インペラーのベアリング”ホイールハブ”と呼んでますが…

ついでなので何時オーバーホールしたか解らないのでオルタ

ネーターもリビルト品に交換する事に。

と、ばらしにかかったらアレッ?! なんか変です。。。

お気づきの方は流石です。写真赤丸のハーネスが横から出てき

てる。通常は真下から出てるはずなのに???  90°ずらしても

付いちゃうんですね、勉強?!になりまいした。。。

h2

で、ばらしてみるとやはりホイールハブが主原因でした。

古いオルタネーターのシャフトに固着して張り付いてしま

っていました。。。