美味しいシリーズ 石垣塩ポン酢ポテトチップス

みなさんポテトチップスはお好きな方もおられると思いますが、このたび甥っ子の作った石垣島塩ポン酢のポテトチップスがカルビーから発売されました。
私も久しぶりに私事で嬉しい気持ちになりました。

実際にポン酢を使ってつくられているわけではないのですが、コラボ商品として味を再現しています。
昨日買いに行った時にはなかったのですが、本日近所のスーパーで売っていました。

早速食べてみました。

味は確かにほんのりとシークァーサーの酸味とかつおだしの風味が残ります。
長い時間をかけて開発したらしいです。
今日まで絶対にナイショだと固く言われていました(笑)

みなさんももしよろしければ食べてみてください。

実際の塩ポン酢のほうがもっと美味しいですが・・・(笑)

この記事のこれまでの流れが知りたい方は記事の下にある トラックバックというリンクをクリックしてください。
次々現れてきます。他の記事も読む事ができます。

トラックバック


保証の追加 タイプ964 993 ステアリングラック

 

クレヨンポルシェは基本オイル漏れの無い状態に整備してお渡ししています
(一部のポルシェを除く)
自動車を動かすにあたり 色々な油圧回路が存在します 
その中でも 最近クレヨンで昨年に比べて増えているオイル漏れがあります
それがステアリングラックです
もともとクレヨン整備保証は電気回りのみ 納車日から三か月です
(クレヨンポルシェ私の乗りたい物に仕上げる事です)
クレヨンスタッフが納車整備の時にエンジン意外の整備も行っています
特に写真のステアリングラックもカバーを外し確認作業は絶対に行います
しかし この部分は電球が切れるのと同じでいきなり オイル漏れを起こします 
そのため納車してから 直ぐに漏れる事もあります
その為 クレヨンでは新たに このステアリングラックの箇所に限り
電気回り同じ扱いで三か月の保証内容に追加します この保証は三か月さかのぼり保証対象にいたします 
(今年の三月以降の納車クレヨンポルシェタイプ964 993適用です)  
この修理は内容は 
ポルシェセンターではリビルト(本国リビルト)と交換になります
部品代込修理内容は45万円?前後と言われています

クレヨンの対応 
同じくリビルトと交換ですが日本でのリビルト品と交換です 
(保証で治す時には クレヨンの工場が基本です 遠方の方は陸送費別当) 
空冷ポルシェも1997年を最後に すでに最終物でも14年経過しています 色々なところが経年劣化が進んでいます 
でも安心してください 空冷ポルシェは個体が確り作られているので 部品の交換と日時用メンテをしていけば 永く乗れます
年々部品の価格が高騰していますが それも仕方がありません他のメーカーに比べると高くても 製造してくれているのですから それはそれでありがたい事です  
他のメーカーならお金を出しても無いのですから....(笑)
左の写真 
そとからの発見フロントのアンダーカバーからオイルが漏れ
ポルシェを止めているガレージのフロント側にオイル漏れを発見したら
ステアリングラックのオイル漏れの可能性大です 
真中の写真
ステアリングラックのブーツのところにオイルがたまっています
明らかに オーリングが切れて外に漏れています
右の写真 
これがステアリングラックの全体です

このオイル漏れは 走行距離など関係なく起こりますので
たちの悪い所です 
今回のオイル漏れを起こした物は97年カレラ4S 走行3.1万キロです

クレヨンポルシェ出来るだけ 計画を持って乗り続けてもらえる事を
心かせけています
私が 一番最初にポルシェ買って直ぐに壊れて(今から考えると 壊れていた物を買って 現在の空冷ポルシェ中古車事情とおなじ 古いから ポルシェはこんなものだから...の言葉に?)ポルシェのローンを払い 修理代のローンを払い 支払いが出来ず手放した経験から 現在のクレヨンポルシェのは販売方法になりました 一生懸命働いた大人のご褒美も 修理 修理に明け暮れて手放さないように 計画を持って乗れるような販売方法です

ジモティー滋賀サイト及びK-NETサイトを御覧の方は下記アドレスより
クレヨンホームページのサイトからニュースを御覧ください。
他の記事も読む事ができます。

http://www.crayon911.co.jp/


お米ができるまで パート4

田植えから約一月 今年はこんな感じで成長しています。
少し例年よりなんとなく気温が低く感じられるのは私だけでしょうか
去年のこの時期は30度を超えている日があったような気がします。

左の写真 実は自宅では家内と娘がゴーヤのカーテン作ろうと頑張っていました。
私はこう見えて家の事をまったくしていません(笑)
電球一つ換えた事ないような夫です。

全て家内まかせ 先日も少し早く帰ってきてゴーヤのカーテン設置を手伝ってと言われましたが、昨晩家に帰るともう出来上がっていました。(今朝写真をとりました)

今年はこれで岡本家の電気代が安くなる予定です。
その分私の無駄遣いがふえる予定です(笑)
この記事のこれまでの流れが知りたい方は記事の下にある トラックバックというリンクをクリックしてください。
次々現れてきます。

トラックバック


K-NETチャリティーオークション 349,000円 日本赤十字へ

 

さる5月15日に開催されたNCCR京都滋賀

今年も私が加盟している、京都滋賀の車好きがオーナーを務める輸入車販売店で作られた会 それがK-NETです。

3月11日に東日本大震災が日本を揺るがし、今日で3か月がすぎようとしています。
まだまだ復興のめどもたたず多くの方が被災された状況が改善されず苦しんでおられます。
そこで、K-NETとして何か少しでもお役にたてればと思い、イベント内で今話題の電気製品 羽根の無い扇風機、お掃除ロボットルンバ、お米でパンができるごパンなどを会から購入、それに+各店舗オーナーたちがもちよった景品などをチャリティーオークションにて参加者の皆様にお買い上げいただきました。
その金額は 合計なんと…349000円となり、先日日本赤十字に義援金としてお送りいたしました。
これからも皆でできることを考えて続けていきたいと思います。
頑張ってるで、日本!

下記のK-NETのホームページもよければ見てください。

K-NETホームページ


クレヨンのご近所美味しいシリーズ 手うちそば 

クレヨンの近くには近江八景のひとつ唐崎の松があります。
唐崎神社の入口にこのお店はあります。

昔は無かったので、最近できたのかな・・・?

こじんまりとした小さなお店で一人でやっておられます。
丁寧な仕事の綺麗なおそばです。
出汁は少しあっさりめです そばは十割ではなく八割かな・・・??

そば粉も全粉ではありません。

写真を見てください。
メタボの私 定番のつめたいおそば(ざるそば)ではお腹が膨れないので、ニシンソバも注文。

写真には載っていませんが、できる間時間がかかるのでそばかりんとう(?)をいただきました。
これがまた塩味でなかなか美味しい。
おこわが梅の形をしたものが添えられているのがポイントです。

温かいそばも意外とおいしく、おススメですよ。

そばのゆで時間、タイミングなどを微妙に調整して出されているのでプロの職人のそばです。

みなさん、クレヨンに来られた時は一度行って見てください。
車で三分。
歩いて一五分かな・・・?
ついでにそば屋さんの裏の寺田物産でのみたらし団子はお土産に最適ですよ。

手うちそば 松永
平日 11:30 – 15:00/18:00 – 21:00
土曜 11:30 – 15:00/18:00 – 21:00
日祝 11:30 – 15:00/18:00 – 21:00
第2&第4火曜は11:30-17:00
第1・第3火曜は定休日です。

電話番号は077-578-2216
滋賀県大津市唐崎1丁目8-4

この記事のこれまでの流れが知りたい方は記事の下にある トラックバックというリンクをクリックしてください。
次々現れてきます。他の記事も読む事ができます。

トラックバック


ポルシェ964ターボ 事前納車整備完成 試運転 オーナー募集中 

 

事前納車整備が全て終わりました
エンジン クラッチ 吸排気系 その他本当に今回は色々して...(笑)
クレヨンポルシェの基本 私の乗りたい964ターボになりました
クーラーなども効き 足回り状態も良く 新品のタイヤに交換して
乗り味はかなり満足のいく物に仕上がりました
エンジンも3.6ターボにもおとらない加速  シングルターボRRにルーフBRキットは後ろから背中をいきなり押されたような暴力的な加速

この後の993ターボからは、このいきなりの暴力的な加速はしませんが低速からの加速と速さ、そして四駆のシステムの安定感にはかないませんがやはりポルシェはRR
そして今ではありえない空力を無視したリアフェンダーのふくらみ最高です

そんなノーマルターボでは味わえない今回の3.3ターボにルーフのBRキットを組み付けて耐久性と信頼性の高くブレーキには3.6ターボのキャリパーを組み付けホイルも純正の18インチ3.6ターボホイルに履き替えたポルシェを先ほど試運転してきました
エンジンはかけて アイドリングNAより音質が低く感じられます 
クレヨン推進のナジマシ運転特にターボ車は念入りに行います
エンジン ミッション ブレーキオイルなど全て暖機?そしてタイヤなどもも適度に温めようやくアクセルを少しづつ開いていきます

基本ポルシェのミッションは1速は動かすだけ 2速でチョロチョロ
3速から全開です 法定速度がありますので3速全開は出来ませんが(笑)
そんなことでギヤ3速に入れてアクセルを踏み込むと久しぶりに感じるドカーンターボ
普段サーキットで慣れている私もシングルターボプラスBRキットのRRの物は一瞬怖さを感じる加速です 当然直ぐに急ブレーキです
流石足回りもかなりリフレッシュされていて3.6ターボキャリパー強烈に止まります
おそらく横に人がいれば 三速からのフル加速フルブレーキを
すればお漏らしをされるので紙おむつが必要ですよ(笑) 

そしてよくフロントが浮くと言われますが 本当に浮きそうな気しますよ そのためRRターボはガソリンを満タンで走ってくださいと クレヨンでは言っています
コーナーリングですが適度にアクセルを入れてリアにトルクをかけて走れば
流石18インチホイルに新品のタイヤ気持ち良く安定してコーナーを曲がってくれます ここで注意で慣れるまではコーナーリングの途中にアクセルを踏まないでくださいね 特に路面が濡れている時は危険ですよ
ここまで仕上がった 私のイチオシの964ターボ 
ポルシェの中でも一番指示されているデザイン 伝統の駆動系RR
伝統的な色のグランプリーホワイトのボディーカラー ガレージ入れて眺める楽しみ そしてたまに3速全開で頭の中を空っぽにしてくれる加速
暖機の時のエンジン音 高速を走りエンジンをギンギンに温めた時のアイドリンク音は地響きをたてる低音ですよ 是非この機会にクレヨンが手間暇愛しまず とことんリフレッシュした最高の一台です 
お悩みの方は 私の運転で良ければ体感できますので ご連絡ください
その時には パンツの替えもしくは紙おむつが必要です(笑)
   

この記事のこれまでの流れが知りたい方は記事の下にある トラックバックというリンクをクリックしてください。
次々現れてきます。

トラックバック


ポルシェ993ターボ 入庫チェック パート1

クレヨンポルシェになるには 基本良い個体でなければならりません
その為には クレヨンに入庫した全てのポルシェは(写真でお分かり頂けると思いますが)スタッフ皆がそれぞれの専門知識と経験を活かし 色々な角度から調査します
今回はその模様を少しだけご紹介します
今回クレヨンに入庫した 個体97年モデルのタイプ993ターボです
空冷最終ターボモデルです(本国では98年ありましたが)
まずはクラッチ まったくだめです...100パーセントオーバーホールが必要です
993ターボには パワークラッチが装着されています
その為どうして少しラフなクラッチミートをしてしまうのでオーバーホールの時期がカレラに比べて早いです 
次にエンジンのオイル漏れですが 色々なところからオイルが漏れています
これは ここだけの話ですがオイルの管理が間違っている時があります
その為オイルを入れすぎている事があり このような事が起きる事があります 実際に番頭伊藤がその場でオイル交換をしたところ9リットル抜けました...プラスオイルフィルターも交換したところ あくまでも予想ですが
規定より1.5リットル?入りすぎていました
このポルシェを管理していたところは 室内のオイルメーターだけを見て
オイル量を測り、入れすぎていたと推測します
基本室内のオイル量を見るメーターはクレヨンでは、信用しないでくださいと言っています 基本はエンジンルーム内にあるオイルスティックで測る物ですから と伝えています  
今回出来るだけ綺麗に、一度下回りのオイルが漏れているところを洗い、試運転します

この様子は後日報告
ボディーの修復歴 交換パネルなどのある無のチェックは 塗装の匠村田が下回りのカバーなどを外してチェックです

交換パネル無 修復歴無と判明
このように クレヨンでは入庫したポルシェがクレヨンポルシェの基本
良い個体であるかを確定さします 
そして 私が試運転をしてどのように仕上げるかを決め メカニック藤本・番頭伊藤が整備のカルテを作成します 
また内装などは 安岡の判断で仕上げます
私は ひたすら気になるところを乗って伝えます(笑)
入庫試運転は パート2で

ガレージクレヨン


3回目の義援金 これまでの合計金額365,592円

東日本大震災が起きて、3か月ほど日数が経ちました。
日が経つごとに記憶が薄れていきますがこれからが重要です。

クレヨンでは年内いっぱい ひと月ごとにクレヨンポルシェのオーナーが決まると30000円の義援金をしています。
5月度は二人のクレヨンポルシェオーナーが決まりましたので、60000円 

また911DAYSポルシェレースの景品を毎回出していましたが今年はとりやめ、参加された台数×1000円を義援金にしています。
5月22日 18台の参加台数なので18000円

義援金ステッカー 各イベントNCCR京都滋賀ユーロカップ内では2枚1000円で販売し、多くの方に買っていただきました。ありがとうございます。

またステッカー取扱い店として ゴルフキッズ京都南インター店、アンティークガレージ、アウトパラス、アウトバーン恵比寿さんなどにも協力を依頼して多くの方に買って頂いていると思います。

これらの売上はすべて個々の販売店及びイベンターから直接日本赤十字に義援金として送られています。
クレヨンでも郵便などでステッカーを買って頂いた方、ありがとうございます。

京都Y氏、滋賀K氏、山梨F氏、京都K氏、静岡H氏、静岡O氏、名古屋H氏、京都K氏
名古屋K氏が4口 で合計12口で12000円

販売台数 義援金 60000円
911DAYS参加台数 18000円
ステッカー義援金 12000円

合計90000円

本日、義援金として日本赤十字協会に送りました。
年内この活動を続けていきたいと思いますので、みなさまよろしくおねがいします。

なお、これまでの義援金合計は
365,592円 となりました。

ステッカーがクレヨンにて、郵便および店頭販売しております。
店頭に来られた方はクレヨンオリジナルライト付きボールペンもお渡ししていますので
よろしくおねがいします。

郵便でお申し込みの方は収入印紙、もしくは切手などでもい構いませんので郵便にてお申込みください。
メールでの受け付けは行っておりません。
住所 520-0105 
大津市下阪本1-25-14 ガレージクレヨン まで よろしくお願いします。

トラックバック