日本の中古ポルシェのクオリティーアップ 納車整備YouTube ポルシェ993 拡散 シェア 宜しくお願いします。

日本の中古ポルシェのクオリティーアップ 納車整備YouTube ポルシェ993
拡散 シェア 宜しくお願いします。

一生懸命働いた大人のご褒美 クレヨンポルシェ初売りでは現在五名の新オーナーがきまりました。

順番に整備をしてます新年一発めのYouTubeは993納車整備で失敗の少ない中古ポルシェ選びのお手伝いと.ポルシェ専門誌なども26年間掲載してきましたが.残念なことにやはり私が伝えたいことは雑誌では他のショップさんが掲載があるため.まともに伝わりませんでした。

私みたいな今年63歳の人間が簡単に世の中にYouTubeをアップでき。
YouTubeが大きなテレビで大きな綺麗な画面でに見られる時代と成りましたので
今年は日本の中古ポルシェのクオリティーが上がる事を願い今年は一発目のYouTubeをアップしましたので.皆さん拡散 シェアお願いします。

SINCE1979 お陰様で創業41周年 ガレージクレヨン 頑固親父岡本 孝


こんな時こそ学んでください。リフレッシュ整備 ポルシェ964 組み上げ

こんな時こそ学んでください。リフレッシュ整備 ポルシェ964 組み上げ

心配の少ない中古ポルシェ選びをを学で下さい。

心の雲が無くなり.青空に戻った時には心配の少ない中古ポルシェを選んで
頂くために。雑誌.ネット.その他いろいろな情報がポルシェの整備一つ取り上げても多く存在する世の中です。
ガレージクレヨンでは現実にしている事を日々写して頑固親父岡本目線で見て頂き他の情報と比べて頂ければ幸いと思い日々アップしています。
納車整備.ホディーの.日々のメンテナンス.トラブルなどポルシェを乗って42年の体験に元に日々下記の様な誤字脱字脱文ですがアップしています。

964のエンジンの組み上げで.良いエンジンはヘッドで決まると言っている
クレヨンメカニック確りとフルオーバーホールして組み上げられてヘッドそして外した部品を出来るだけ綺麗綺麗にして精度を測り組み上げています
クランクケースにはシリンダーに新品のピストンリングをはめ込みケースに
装着して.その上に組み上げてヘッドを取り付けていきます。
その後ヘッドの高さを測り.カムハウジングを載せていきます。
ここで学ぶことは.私の個人的な考えですが外して再使用するものは綺麗綺麗にする事で見た目ももちろんコダワリですが.確りと計測出来ます。
エンジンの立て方向のくみあげから正面の組み上げはチェーンケースを取り付けていきますが.チェーガイドなども確りと点検する必要があります。
良い意味でのついで作業は必要ですよ。
ともかくポルシェの整備は一時しのぎは何度も無駄な出費が必要と成りますので注意が必要です。
特に空冷ポルシェは私でも何処までを整備していけば良いか分からなく成る事があるぐらいです。
     ガレージクレヨン 頑固親父岡本


保証の追加 タイプ964 993 ステアリングラック

 

クレヨンポルシェは基本オイル漏れの無い状態に整備してお渡ししています
(一部のポルシェを除く)
自動車を動かすにあたり 色々な油圧回路が存在します 
その中でも 最近クレヨンで昨年に比べて増えているオイル漏れがあります
それがステアリングラックです
もともとクレヨン整備保証は電気回りのみ 納車日から三か月です
(クレヨンポルシェ私の乗りたい物に仕上げる事です)
クレヨンスタッフが納車整備の時にエンジン意外の整備も行っています
特に写真のステアリングラックもカバーを外し確認作業は絶対に行います
しかし この部分は電球が切れるのと同じでいきなり オイル漏れを起こします 
そのため納車してから 直ぐに漏れる事もあります
その為 クレヨンでは新たに このステアリングラックの箇所に限り
電気回り同じ扱いで三か月の保証内容に追加します この保証は三か月さかのぼり保証対象にいたします 
(今年の三月以降の納車クレヨンポルシェタイプ964 993適用です)  
この修理は内容は 
ポルシェセンターではリビルト(本国リビルト)と交換になります
部品代込修理内容は45万円?前後と言われています

クレヨンの対応 
同じくリビルトと交換ですが日本でのリビルト品と交換です 
(保証で治す時には クレヨンの工場が基本です 遠方の方は陸送費別当) 
空冷ポルシェも1997年を最後に すでに最終物でも14年経過しています 色々なところが経年劣化が進んでいます 
でも安心してください 空冷ポルシェは個体が確り作られているので 部品の交換と日時用メンテをしていけば 永く乗れます
年々部品の価格が高騰していますが それも仕方がありません他のメーカーに比べると高くても 製造してくれているのですから それはそれでありがたい事です  
他のメーカーならお金を出しても無いのですから....(笑)
左の写真 
そとからの発見フロントのアンダーカバーからオイルが漏れ
ポルシェを止めているガレージのフロント側にオイル漏れを発見したら
ステアリングラックのオイル漏れの可能性大です 
真中の写真
ステアリングラックのブーツのところにオイルがたまっています
明らかに オーリングが切れて外に漏れています
右の写真 
これがステアリングラックの全体です

このオイル漏れは 走行距離など関係なく起こりますので
たちの悪い所です 
今回のオイル漏れを起こした物は97年カレラ4S 走行3.1万キロです

クレヨンポルシェ出来るだけ 計画を持って乗り続けてもらえる事を
心かせけています
私が 一番最初にポルシェ買って直ぐに壊れて(今から考えると 壊れていた物を買って 現在の空冷ポルシェ中古車事情とおなじ 古いから ポルシェはこんなものだから...の言葉に?)ポルシェのローンを払い 修理代のローンを払い 支払いが出来ず手放した経験から 現在のクレヨンポルシェのは販売方法になりました 一生懸命働いた大人のご褒美も 修理 修理に明け暮れて手放さないように 計画を持って乗れるような販売方法です

ジモティー滋賀サイト及びK-NETサイトを御覧の方は下記アドレスより
クレヨンホームページのサイトからニュースを御覧ください。
他の記事も読む事ができます。

http://www.crayon911.co.jp/