事前納車整備97年993カレラ オイル漏れエンジン下ろしての整備 パート8私の久しぶりに出番

83-1_01_0000280_1 83-1_01_0000280_2

久しぶりの私の出番です(笑)
エンジン本体が約90パーセント完成しました 
そこで私の出番です 
私の腕から頭に伝わる色々なエンジンの感覚から合格それとも?やり直し...など判断するクランキングテスト..
今回のエンジンはエンジンの出力などに問題があり、分解整備したわけでもなく単純にスルーボルトのオーリングからのオイル漏れで作業を進めてきたエンジンです

クレヨンメカニック藤本のコダワリでヘッド回りに確りお金をかけて仕上げているので
クランキングした時にバルブが開いたり閉まったりする感覚がグッドです 
今回のエンジンは走行も1万キロ代のエンジンなのでピストンリングなどはまったく?無く計測 洗浄などをして組み上げているので新品の引っかかり感もなくスムーズ
良いエンジンになると思われます

写真で解るように 各カバーを新品のパッキンに交換しながらエンジンにふたをしていきます

早ければ明日には積み込み出来そうです。.....無理かな.....

 


クレヨン初の新聞折り込み広告 K-NETグループ 今日明日岡本...節...少し殺して営業?

83-1_01_0000278_1 83-1_01_0000278_2 83-1_01_0000278_3

基本人と合わす事が出来ない独特の変人の私ですが(笑)
唯一入っている輸入車好きのオーナーが集まり皆で力を合わせて輸入車業界を盛り上げているグループK-NET その会長が新しくなり 
初の試みに写真の折込チラシを皆で作り、明日地元の新聞に配布する事になりました
また特典として成約されたお客様には、カタログギフトを進呈

そんなことで 普段アポイント無しで来られた方には岡本節を見舞い(笑)
クレヨンポルシェを本気で見にこられていないと私の直感で感じた人が来店しても岡本節を見舞う(笑)もう少しポルシェの事を勉強してからきて下さいと毒舌を吐いている私
(昨日も それを言ったら俺は金は沢山持っていると言われて怒って帰られました(笑) )
ですが…..

今日明日は写真で解るように 折込広告に掲載しているポルシェに限り岡本節を封印して普通に対応しますので、この土日少しポルシェに興味ある方も来店宜しく.....

そして裏面には なんと京都のディーラーの中古車広告...
これ私の中でメチャクチャ面白いです 基本私は個人店VSディーラー店なので実に面白い
私は自分より大きな物に向かって行くのが大好きな変人ですから(笑) 
岡本節…トーンおとして普通になりますか...(笑)

今回新会長のためにも結果を出さないといけない二日間 
写真を見てください普段閉めている扉を開けて...なおかつ広告に掲載しているポルシェが確り見られるように朝から並べ替え洗車しました......

 


事前納車整備97年993カレラ オイル漏れエンジン下ろしての整備 パート7

83-1_01_0000273_1 83-1_01_0000273_2 83-1_01_0000273_3 83-1_01_0000273_4 83-1_01_0000273_5 83-1_01_0000273_6 83-1_01_0000273_7

外注からヘッドのガイドの打ち変えが戻ってきたので 
クレヨンメカニック藤本の理論…
良いパワーの出るエンジンは…ヘッドで決まる の心得から、すり合わせ 高さ調整 ステムシール交換などなど……この分には一番時間と手間隙おしまずヘッドを組み立てています

その後シリンダーの上に組みつけカムハウジングを載せていきます


クレヨンポルシェ里帰り整備その他作業進行報告 クレヨンポルシェオーナー必見

83-1_01_0000269_1 83-1_01_0000269_2 83-1_01_0000269_3 83-1_01_0000269_4 83-1_01_0000269_5
まずは97年993カレラS Tip里帰り整備+修理完成いたしました
引き取りよろしく御願いします

89年930カレラCS里帰り整備とりあえず最終テストを本日と明日行い、?が出なくなっていたら木曜日再度ご連絡いたします

昨日契約頂いた930大人の運動会仕様の整備その他スタート

クレヨンポルシェ993RSクレヨン綺麗綺麗作戦

事前納車整備の993エンジン分解整備...ヘッドガイド撃ち替え完了で戻って来ました

 


(22日)日曜日臨時休業 事前納車整備97年993カレラ オイル漏れエンジン下ろしての整備 パート5

83-1_01_0000263_1 83-1_01_0000263_2 83-1_01_0000263_3 83-1_01_0000263_4 83-1_01_0000263_5

前半戦?サッカー代表引き分け? コロンビア戦特攻精神で勝利を….

クレヨンの993の事前納車整備は後半戦で組み上げ作業に入りました
今回オイルもれの原因となる一枚目の写真がスルーボルトとオーリングです
これを検品して再度問題が無い事を確認して洗浄してグリスを塗り再使用します
それが二枚目の写真です
その後 他の写真で解るように組みつけていきますがここからは 組み手の職人の経験からのポイントがあります........

現在この97年993カレラTIPは新オーナー募集中ですよ.....


996GT3サーキットで男前仕様とコンクールコンデションを維持する996GT3RSフードスッキリピカピカ?

83-1_01_0000261_1 83-1_01_0000261_2 83-1_01_0000261_3 83-1_01_0000261_4 83-1_01_0000261_5 83-1_01_0000261_6 83-1_01_0000261_7 83-1_01_0000261_8

クレヨンのポルシェを、ある意味男前に男らしく、そして綺麗綺麗にするクレヨンのスタッフ(普通の職人)
現在偶然3台の996GT3系のお仕事を頂いています
まずは約一週間かけてようやくRSのフロントドライカーボンの綺麗綺麗コンクールコンデションになりました

次にクレヨンで三台ある(これ以上増やしませんよ(笑))996GT3系で、サーキット遊びを楽しめてオーナーのGT3のフロントバンパーをサーキットで男前な面構えに変更
ダウンホースつける髭を装着 エンジンにエアーを沢山いれて良く走るように、エンジンフードにダクト取り付けなどなど行っています......

二台とも全ての作業が終わり次第 店舗まえで男前写真私が写します......


事前納車整備97年993カレラ オイル漏れエンジン下ろして

83-1_01_0000260_1 83-1_01_0000260_2 83-1_01_0000260_3 83-1_01_0000260_4 83-1_01_0000260_5 83-1_01_0000260_6 83-1_01_0000260_7 83-1_01_0000260_8 83-1_01_0000260_9 83-1_01_0000260_10 83-1_01_0000260_11

エンジンの分解整備=オーバーホールなど修理などには色々な方法があります
今回のようにスルーボルトのオーリングからオイルが漏れていて…..
それを直すためだけにこの状態まで分解しています 
ポルシェの整備代金には、単純に今回のオイル漏れだけを直すのであれば、写真で解るように ピストン ヘッド カムハウジングなどの洗浄をして、測定をせずに出来るだけブロックブラックで外してスルーボルトのオーリングだけを交換するお店もあります
そのようなお店なら当然整備費用はお安く設定されています

良く作業工賃、エンジンオーバーホール10万円から などの表記がありますが、クレヨンがおこなっている作業は写真で解る様に、分解して外した部品を洗浄測定をして、再使用する部品 交換する部品を見極めて作業を進めています


事前納車整備97年993カレラ オイル漏れエンジン下ろしての整備 パート2

83-1_01_0000257_1 83-1_01_0000257_2 83-1_01_0000257_3 83-1_01_0000257_4 83-1_01_0000257_5 83-1_01_0000257_6 83-1_01_0000257_7 83-1_01_0000257_8

エンジンを下ろして(笑)
エンジンとミッションを切り離し、エンジンをエンジン台に取り付けて
排気系 吸気系 電気系などエンジンの周りについている様々の物を順番に外していきます
今回のオイル漏れの箇所は写真で解るように、90パーセントの確率で、定期的に交換するカバーパッキンとスルーボルト カムハウジングです 
通常定期的に交換するカバーパッキン類などはエンジンをここまで下ろして整備する必要はありませんが、ニュースサイトで私がよく書いている本体からのオイル漏れ…カムハウジングかスルーボルトからと考えても良いと思います
  クランクケースから漏れる事もありますが 今回のように走行距離が少なくオイル漏れを起こしている場合はあまりケース本体からとは考えにくいと思われます

上記の内容から現在考えられる範囲のオイル漏れで分解するのは ピストンシリンダーまで抜き取るところまでの分解整備となります

注意
空冷ポルシェのオイル漏れは大なり小なり起こしています。
911ほとんどと言っても良いぐらいあります 
しかし全ての911がこのような作業をする事はありません
現実にこの993のオーナーはこの状態で何の問題も無く入られていました
(少しオイルの漕げた匂いはしたと思いますが)
直ぐに直さないといけない修理は圧力のかかっている所、直ぐに直さないとオイルが吹き出ますので......
これらのオイル漏れの修理はクレヨンの場合全て私の判断でおこなっています 
クレヨンポルシェの基本=私の乗りたいポルシェですから......

これからおこなう全ての作業 必要な部品 オイル類などそして本体の消費税8パーセント込みで654万円です 
自分でクレヨンから乗って帰って登録される方ならこの価格に月割りの
自動車税51000円が乗り出し価格と成ります

当然外装も 私が洗車しても気にならない状態です  
それを ふまえて今日からはじめる納車整備をご覧下さい


911DAYSポルシェレース岡山スペシャル今季最終戦 今週金曜日締め切り タイスケ発表

83-1_01_0000237_1 83-1_01_0000237_2 83-1_01_0000237_3

参戦される皆さん 今週金曜日締め切りですよ 申込みよろしく御願いします 
スプリントはこのレースで約二ヶ月オフになりますよ..... 

今年から岡山国際で開催される911DAYSポルシェレースが、年一回では無く複数回になりました  
その二回目が6月22日 日曜日 
下記のタイムスケジュールが発表となりました 
普段の早朝からのスケジュールと異なり、少し時間に余裕のあるタイムスケジュールです。 
遠方からでも参加できると思いますので皆さん一度参考えてみて下さい、九州からでもこのタイムスケジュールなら早朝出発で何とか間に合いますので一度考えてみて下さい 

タイムスケジュールです。 
BMWチャレンジレース予選/10:30~10:45 
PORSCHEチャンピオンレース/10:45~11:00 
BMWチャレンジレース決勝/12:35~13:05 
BMWチャレンジレース表彰式/13:45~
PORSCHEチャンピオンレース決勝/14:35~15:05 
PORSCHEチャンピオンレース表彰式/15:45~ 

当然私も今回はクレヨン74カレラ2.7ノーマルエンジンでの初参戦となります 
     

なので6月22日クレヨンは臨時休業いたします 

戦したいけど申込みが? などご質問がありましたら  
クレヨンにメール下さい info@crayon911.co.jp  参戦料金がお得なショップ印済み 
申込み用紙FAXにておくる事も可能です......

 

 


1台の義捐金対象ポルシェ5月譲り受け2万円義捐金を納めて来ました….合計2,804,892円 なりました ありがとうございます

83-1_01_0000245_1 83-1_01_0000245_25月は右の写真の93年964カレラtip元クレヨンポルシェを譲り受けいたしました
私の力不足のため1台しか譲り受けることが出来ず申し訳ございません

2万円の義捐金を本日納めて来ました 譲り受けさせて頂いたオーナーさん 本当にありがとうございます この一台が無ければ0でした ありがたい事です
6月は 頑張りますので皆さんよろしくポルシェを手放される時には是非ご相談下さい御願いします

 

今回の20000円の義捐金で三年間で合計2,804,892円の義捐金となりました
まだまだ 復興には時間とお金が必要ですので2014年も大切にされている
ポルシェを手放される時には一度ガレージクレヨンにご相談いただければ ありがたいと思います 
写真は本日20,000円の送金した領収書です

クレヨン譲受た時のお約束

クレヨンの譲り受けるための お約束

1 クレヨンでは、譲り受けたオーナーの大切にされていた気持ちを新オーナーに伝えて、楽しく乗っていただける事を目標としています。

2 名義変更は二週間以内、事前に車検書をいただければ一週間以内に完全にクレヨン名義に変更いたします

3 支払いは現車及び書類がいただければ現金にて用意いたします

(希望があれば当日振込みも可能です)
4 空冷ポルシェなどは経年劣化が進んでいますので、クレヨンスタッフが心をこめて私の乗りたいポルシェにリフレッシュします

5 人任せの買取はいたしません。

必ず私かクレヨンスタッフがお顔をみてオーナーの大切な気持ちを受け取り、譲り受けます。
6 クレヨンで直接販売するポルシェを譲り受けた時には、東日本大震災の義捐金として一台20000円をあしなが東日本大震災津波遺児募金に送っています

興味のある方は右上お問い合わせホームよりご連絡下さい

また大切に乗られているポルシェ手放される方一度下記のホームより 気楽にクレヨンにご相談下さい

クレヨンではむやみやたらにお電話いたしませんので ご安心下さい
まずはメールを一番に返信してお電話してよい時だけお電話することにしています
注意

クレヨンポルシェは日本で心配が少なく乗っていただけるためのポルシェですので 海外に輸出される手先の方には販売いたしません
最近日本で乗ると言って嘘をついて海外に出される方がおられますので
必ず本当に日本で乗ってもらえるオーナーしか私は販売しません
その為私の個人的な主観で販売をご遠慮して頂く事がありますのでご理解
よろしく御願いします
これもクレヨンに譲って頂いたオーナーとの約束ですので
        
             ガレージクレヨン   岡本 孝