昨晩から本日のクレヨン3月30日

沢山のお仕事を頂ありがとうございます
順調に進んでいます......  
昨日の予定の986ボクスター納車整備もエアコンの以外のところは全て完成

そしてクレヨンポルシェ初検査964も整備が終わり あとは1日月曜日にラインに持ち込み完成となります
年度末流石にクレヨンスタッフも残業です(笑)
お預かりしている993カレラS一晩でエンジン下ろして分解です エンジンヘッド?でした
それがその写真です

明日は 私とメカニック藤本は911DAYSポルシェレース参戦のため留守をしますが番頭伊藤、塗装の匠村田 事務員の三人でクレヨン営業していますのでよろしくお願いします 

トラックバック


琵琶湖疏水開花情報報告しますパート9 (皇子山球場横すだれ桜)

真ん中の写真を見てください

皇子山球場横のすだれ桜本日がおそらく 最高かも......

左の写真 三井寺です....まだまだですね

右の写真 我が家の近状の公園の桜....ここかなり満開になると綺麗です...
疎水は三井寺より三日ほど毎年早く見どころを迎えます
来週半ば最高かも.......

トラックバック


本日のクレヨン 3月29日

まずは整備状況ら タイプ993カレラ検査整備 足回りリフレッシュ完成

新車ベンツCWコーティング施工本日中に完成 レーダー取り付けキャンセラー取り付け明日   
ボクスターSエアコン以外の整備も本日完成予定となります
昨日からお預かりの 写真の三台のクレヨンポルシェ検査 整備 検査となっていますが 作業内容により順番が大きく異なりますのでご理解くださ

964ブラックはクレヨンポルシェ初回検査なので2日火曜日には完成予定です 
993カレラS4月1日以降から整備に入ります  
356は検査が5月17日なので993カレラSの整備が上がり次第行います
また平行してクレヨンポルシェ996ターボ993カレラ検査預かりがオーナー様4月4日
木曜日お預かり予定で代車の用意もしておりますのでご来店よろしくお願いします

トラックバック


琵琶湖疏水開花情報報告しますパート8 (皇子山球場横すだれ桜)

今朝も撮ってきました。
まず疎水…徐々に咲いてはいますがまだつぼみ…
天気が悪いからかもしれません、暖かくなれば一気に花が開くことと思いますが、寒いのかなかなか咲きません・・・

続いてすだれ桜
前回の写真と比べて頂ければ分かると思いますが、かなり花が開いてきました。七分咲きくらいかな・・・・・・?
曇り空なのが残念・・・・・・・・・

全体的にも花が開いてきて、土曜日曜が晴れれば良い花見日和となりそうです。
みなさん、是非、京都も良いですが滋賀の皇子山球場横のすだれ桜も見に来て下さい

トラックバック


ポルシェ993RS納車整備パート6

排気、バンパーなどを取り付けもとの状態に戻し、Vベルト、エアクリーナーを交換しエンジン廻りは完成となります。残るは油脂類、エアコン用のフィルターを交換し完成となります。

写真は、元に戻した状態と新品のVベルト、エアフィルター、エアコン用フィルターになります。花粉の時期ですのでエアコンフィルターは点検及び交換をお勧め致します。
これで納車整備ブログ最後となります。

メカニック 藤本

この記事のこれまでの流れが知りたい方は記事の下にある トラックバックというリンクをクリックしてください。
次々現れてきます。

トラックバック


入庫3.6ターボ 正規物 走行1.9万キロ  整備メニューを考える

希少な良い個体の正規物3.6ターボを譲り受けましたが
ここからがクレヨンの戦い?がはじまります
整備スタッフ 外装を仕上げるスタッフがまずはリフトに上げて 各部チェックそして試運転をして...おおよその整備メニューを考えます

そんな矢先に 先ほどまで火が入っていたエンジンに火が入らなくなりました(笑)
Kジェットロには Lジェットロとことなり燃料を逝去する物があります 
結果 今回はフューエルアキュームレーター交換と燃料フィルター交換で再度エンジンに火がはいりました
 
そして エンジンオイルを抜き取り交換 タイヤの空気圧などをチェックして私の試運転ができる状態になりました...約一日でここまで(笑)

乗って色々な?スタッフに意見をぶつけながらクレヨンポルシェの基本 私の乗りたいポルシェに仕上げます

私が乗って感じた事
足回りのブッシュ タイヤは絶対に交換。 これは危ないですね...エンジン本体のオイル漏れは無いようですが 基本パッキン類は交換ですね。 外装ストーンガードの張替えなど その他いろいろと?リフレッシュしなければなりません 
リフレッシュ納期30日から40日の判定... 大切にされていた固体でも色々ありますね...

生産から20年以上経過していますよ タイプ964は…
確りした固体でもメンテは必要な時期に来ていますので 空冷ポルシェのオーナーを目指されている皆さん、有る程度の知識と理性そして何か起きた時にサポート及び整備をしてもらえるショップが必要なポルシェになっていることはくれぐれも理解してくださいね...

ポルシェは決して壊れやすい物ではありません 
皆さんは壊れた物を買ってよく壊れる 修理代が掛かる と言われます
これは あたり前の事です
二十年前の家にそのまま住める事はないのと同じ事です 
家は動きませんが ポルシェは動きますよ....

トラックバック

トラックバック


入庫3.6ターボ 正規物 走行1.9万キロ  譲り受けました3月 3台目の義捐金対象車

数年前から クレヨンにて相談を受けていた3.6ターボ 
オーナー様も十数年所有されていたので決心がつかず、今回ようやくクレヨンに譲り受ける事になりました

そんな1993年モデル タイプ964ターボの中でも正規輸入が極少数の3.6ターボ

走行はなんと1.9万キロ....当然修復歴 交換パネル無し
内装ブラック 外装Gレッドの素晴らしい個体です
エンジンも チェーンケース付近からのオイル漏れがあるぐらいで、珍しくエンジン本体からオイル漏れはありません。
また、外装でストンガードがひび割れしている程度で綺麗な状態です
クレヨンで外装・機関もリフレッシュしてお渡しいたします のでご安心下さい……

東日本大震災の起きた3月に 3台となる 義捐金対象の入荷ポルシェです
譲っていただいたオーナー様 本当にありがとうございます

現在の義捐金合計1,845,952円に今月の3台60,000円を足して
4月1日は1,905,952円となります 
   愛情のこもったポルシェクレヨンにお譲りください
    よろしくお願いします

クレヨンの譲り受けるための お約束
1 クレヨンでは、譲り受けたオーナーの大切にされていた気持ちを新オーナーに伝えて、楽しく乗っていただける事を目標としています。

2 名義変更は二週間以内、事前に車検書をいただければ一週間以内に完全にクレヨン名義に変更いたします

3 支払いは現車及び書類がいただければ現金にて用意いたします
  (希望があれば当日振込みも可能です)

4 空冷ポルシェなどは経年劣化が進んでいますので、クレヨンスタッフが心をこめて私の乗りたいポルシェにリフレッシュします

5 人任せの買取はいたしません。
必ず私かクレヨンスタッフがお顔をみてオーナーの大切な気持ちを受け取り、譲り受けます。

6 クレヨンで直接販売するポルシェを譲り受けた時には、東日本大震災の義捐金として一台20000円をあしなが東日本大震災津波遺児募金に送っています

クレヨンで良ければ大切なポルシェを譲っても良いかなと思われている方
下記のクレヨンの買取フォームを一度クリックして見て下さい

買取フォーム


ポルシェ993RS納車整備パート4

今回の?部分油圧タペット作業は終わりましたのでクレヨン定期交換部品のガスケット関係を交換していきます。チェーンケースカバー、チェーンテンショナー、タペットカバーのガスケット、及びクランクシール(プーリー側)インタミディーシャフトシールになります。

 写真は交換する新品のガスケット(片側分)、作業中の写真になります。

メカニック 藤本

この記事のこれまでの流れが知りたい方は記事の下にある トラックバックというリンクをクリックしてください。
次々現れてきます。

トラックバック


琵琶湖疏水開花情報報告しますパート4

まだ少し風邪ぎみなので ボクスター通勤しています(笑)
左の写真は ボクスターと、琵琶湖疏水を横切る京阪電車そして三井寺の山々です
少し桃色に見えてきました.....

真ん中の写真 昨日の皇子山球場横のすだれ桜...昨日より一回りつぼみが膨らんできました 
右の写真が このすだれ桜の全体です この桜の開花がこの周りでは少し早く咲くので私の基準の桜の木です.....

トラックバック


人力バイク通勤開始 琵琶湖疏水開花情報報告しますパート3

歩いたり人力バイクなどで通勤を重ねて張り切りすぎて、少し風邪気味なのでボクスターで通勤しました(笑) 

三井寺の桜の開花情報をお知らせするために左の写真を写して来ました
まだですね ...気温の差が激しい今日この頃..... 
桜の花もタイミングがつかめないのですかね(笑)

私が 毎年追いかけている 真ん中の写真の 皇子山球場の横のしだれ桜
この桜が 三井寺 琵琶湖疏水などの中では一番早く咲きます
右の写真 つぼみが色づいてきました....楽しみ楽しみ..(笑)

トラックバック