明日から日本中を飛び回るので その前に義援金合計1,980,592円となりました ありがとうございます

明日1日から5日ぐらいまで日本中を飛び回るので、その前に
皆様とお約束した月の始めに行っている義捐金を納めてきました

5月に譲り受けたのは左の写真
95年993GT2 08年997GT3 合計2台のポルシェを素敵なオーナーからクレヨンに譲っていただきました
すでに二台とも素晴らしいオーナーに乗って頂く事も決まっております

皆様にお約束しているように一台20000円いたしますので

真ん中の写真
本日40,000円を5月分のクレヨンからの義捐金として
あしなが東日本大震災津波遺児募金にお送りいたしました

また、大切なポルシェを手放される方は是非クレヨンにお声がけください
店頭販売できるポルシェを譲り受ければ一台20,000円の義捐金となります
義援金総額1,980,592円となりました ありがとうございます
当初の目標額の2,000,000万円まであと少しです

あれから早いもので二年過ぎました、未だ多くの事が改善されていないのが現実です。
日本の未来を明るくしていくには いま日本の国内で勉強しいる子どもたちに少しでも役に立てることが必要と思っています

昔クレヨンポルシェオーナーに言われた事があります
資産 財産は無くなったり取られたりします しかし子どもの頭の中にある
物は(確りした教育で 出来上がった脳)は取られる事は無い……
と言われました...私はその通りと思います
ので写真のところに義捐金を送っています  
まだまだ復興には時間とお金ががかかると思います、皆さん宜しくお願いします 

         ガレージクレヨン 岡本 孝

トラックバック


911DAYS初走行会in岡山

911DAYS初走行会に岡山国際サーキットに来ています
皆で楽しくサーキットを…
お散歩気分で楽しみましょう(笑)


911DAYSポルシェレース セントラル第二戦 結果

私のロケットスタートで8番から総合6番 クラス4位から3位にアップ
しかし 流石に996GT3のスペシャルなモデルにはすぐに抜かれて総合7番(笑)
3周ぐらいまでは何とか…..かすかに先頭集団を見ることが出来ましたが(笑)
 
そのあと911DAYS日比野氏の後ろ姿も6周あたりまで 見えていた物のも見えなくなってきたと思うと…
なんと後ろに同じクラスのレッド911 タイム的には一秒以上早く、下手すると2秒私よりタイムの早いレッド911です

私はブレーキパットに裏切られ予選のタイムより早く走ることは出来ません……
パットが悲鳴を上げてブレーキのフワフワ感 ブレーキオイルがエアーがかみだしています(笑)
のこり三周からは後ろを見ながら、距離を計りながら無理をしない…(ここは真剣)確実な運転に徹する….
特に最終コーナーでスピンすれば 順位は入れ替わります
 
いよいよファイナルラップ….セントラルの3コーナーを抜けて裏ストレートからのブレーキング、そして後ろを確認約1秒から1.5秒差かな……(ここも真剣)よし あせらず マイペース……で走り、最終コーナーも少しゆっくり回り

なんとかクラス三位でチェッカーを受けることが出来ました(笑)
左の写真の真ん中の三位のピンクのワンピースTを着ているのが私です(笑)

右の写真911DAYSの日比野氏の1位です
そしてユーロカップの勲章とも言える 盾を頂きました(笑)

次回からは セントラルではSタイヤを封印してラジアルタイヤに変更して走って行きたいと思います……..
では次は9月29日です 

皆さん 応援 参加 よろしくお願いします

トラックバック


アベノミクスで日本の空冷ポルシェが危ない

これから私が書く事はあくまでも私の頭の中の妄想と思って下さってOKですが、一度読んでくださいお願いします 

今までから私は海外にポルシェ販売をしない事に決めています 
それは一度日本から海外に出ると二度と戻ってくる事が無いからです 
日本にある間はポルシェ屋さんが買ったり売ったりして日本のポルシェ好きに乗って楽しんでいただけます
そして私たちポルシェ屋さんも生きていけます これが今までの日本の中での生態系です…..
しかしアベノミクス効果でこれまで世界が経験した事の無いスピードで円高が起きました。80円が103円ですよ。 単純に約30パーセント変わります
実際に物の売り買いには経費がかかります 手数利用 輸送費 その他もろもろ……それらの事を考えると約40から50パーセント異なる事が考えられます
普通なら早くても一年から二年の間に起こる変動が実際この数ヶ月で起きています 
それだけなら 良いのですがここに来て中国の景気に陰りが見えてきています
私が中国人でバブルで多額の元をもっていたら おそらく世界に通用する物に変えると思います
それが 金 プラチナ 銀です 次に絵画 そしてクラッシックカーなど世界的に人気のある自動車などを買いあさります
中国は個人で土地を所有できる?部分があるので 海外の物を手にする事により 資産を確実に保有できる事が考えられます
昨年も世界的な名画が過去最高の値段で落札されましたがこれも 中国マネー?とささやかれています 

そこで今アメリカとEUに世界的なオークションシステムがあります、そして日本から中国には直接車のやり取りがないためアメリカ EUを経由して中国に世界中の名車が集まっています 
それだけなら良いのですが、日本ですら車の文化がまだまだなのに中国などで名車を良い状態で保管してくれるかが私にとって一番の心配です 
換気のよい倉庫に保管して こまめにエンジンをかけて少し動かしたりする事は中々難しいのでは無いかと私は思います 
実際にクレヨンでも十数台のポルシェをベストの状態で保つ事は身にしみて大変な事を実感していますから……

国内で自分の大切にされているポルシェでポルシェライフ楽しまれている皆さん
転売する時には必ず海外に出さない事を確認してお渡し下さい、日本の中で乗ってもらえる事を確約してもらって下さい

私もポルシェ屋の横のつながりが少ないながらも 同業者にお願いしています
しかし都会の業者のなかには そんなの関係ないと言ってその場の利益を求めて動いている業者が増えています
私は数年前から言い続けているのですが……ここに来て、本当ですね….と 
今からでも遅くないので皆さんよく考えて行動して下さい

皆さん出来ればシェアお願いします 日本のポルシェ文化を絶やさないためにも
写真は クレヨンの保管状態です 月に二回必ずエンジンを火をいれて洗車そして少し走らしてやります


ポルシェ993カレラ4 3.8納車整備スタート

クレヨンで以前販売しているクレヨンでの整備歴が確り解っている固体の整備は楽しいです 
実際にクレヨンの整備は私が乗っても良いと思うレベルと新車の七割前後の雰囲気を味わえることを目指しています
オーナーが変わるごとに実際クレヨンポルシェはある意味良くなる所も沢山あります
そんな今回の納車整備はフロントのロアーアームブッシュの交換です
これでまた良い雰囲気が味わえます…..
新オーナー試乗の時よりフロントが確り感ましますので お楽しみに

パート2に続く

トラックバック


今年は間違いなく猛暑なので? 早急に対策

皆さん今年は間違いなく猛暑?と勝手に私が思っています(笑)
早急に 対策しないとクレヨンポルシェのダッシュボードが危ないので
本日急遽….日よけタープを増設しました….(笑) 
実は今の時期が紫外線一番きついのですよね 女性のお肌にもよくないですが 空冷ポルシェの内装にも良くないんですよ….


本日の5月23日引き続きの作業

本日も沢山のお仕事ありがとうございます

左の写真
北陸方面から検査整備プラス クラッチオーバーホールのお預かり
クラッチのオーバーホールも終わり明日ぐらいから皆さんが思っているより時間のかかるアライメント調整に入る予定です

真ん中の写真
広島からお預かりの930検査整備及びクラッチのオーバーホールも終わり
最後にオーナーの好みでハンドルの交換センターだしをして完成となります

右の写真
和歌山からクレヨンポルシェオーナーになっていただく事になった993カレラ4 3.8
納車前の整備確認及び交換部品などのチェックです
今年は春が無くていきなり夏ですか(笑) 気温が一気に上がりましたね

トラックバック


タイプ993車検とクラッチオーバーホール足回りなど整備

クレヨン浜大津から阪本に移転して25年経過します (笑)
創業当初は 161号に段ボールを引いて911のオイル交換をしていたのは30年前かな(笑)
自分が目指すポルシェの販売方法目指すために….スタッフ 設備 チームワークを兼ね備える事が少し出来るようになってきました
しかしポルシェの長い歴史からすればまだまだ毎日勉強の日々が続いています。
自分の中での卒業はくるのかな(笑)

そんな日々勉強の本日のメカニック藤本のお仕事は…..
北陸方面からお預かりしているクレヨンポルシェの車検整備とクラッチ関係のオーバーホール
そして足回りのリフレッシュ少しとアライメント調整です
現在クラッチのオーバーホール中です 一つ一つ自分が整備したポルシェに乗る気持ちで手間隙おしまず 出来るだけ妥協をしない整備をするよう心がけています…..
北陸方面のクレヨンポルシェオーナー様もう少しお待ちくださいね…..よろしくお願いします…..

トラックバック


NCCR京都滋賀 パート5

最終のSSを終えて初バンク体験の興奮が冷めないうちにバイキング形式のディナーを頂き
ました、今回はクレフィール湖東さんの大ホールを貸切ました そしていよいよ表彰です 

左の写真が各クラスの入賞者に配られる盾です…..
そして 真ん中の写真乾杯の音頭取らしていただいた私…(大役)

右の写真が クレヨンからの お子ちゃま賞 滋賀美味しい賞 ケーネットからの景品など京都・滋賀NCCRだけのスペシャルなプレゼントです

この中には 今回クラブハリエの三週間前に予約しないと食べられない超特大バームクーヘン2個もありました……そしてケーネット前会長ジャパンオートクラブからは なんと18分の1のミニカーもお子ちゃま賞に
持ち込まれました….

トラックバック


入庫ポルシェ997GT3ディーラー車 1.3万キロ今月2台目の義捐金対象車

義捐金対象車(個人から 譲り受け 下取り店頭販売車)
ポルシェ社単独のワルターロールの息の掛かった最後の911
タイプ997の中でも人気のGT3 2008年 NAの3.6モデルです 
走行も1.3万キロ 修復歴なし 交換パネルなし  ディーラー車 
装備も リアロールゲージ 純正キセノン オートAC PASM 

東日本大震災の起きた5月2台となる 義捐金対象の入荷ポルシェです
譲っていただいたオーナー様 本当にありがとうございます

現在の義捐金合計1,905,952円になっております
目標の2,000,000万円まであと少しとなりました  
   愛情のこもったポルシェクレヨンにお譲りください
    よろしくお願いします

クレヨンの譲り受けるための お約束
1 クレヨンでは、譲り受けたオーナーの大切にされていた気持ちを新オーナーに伝えて、楽しく乗っていただける事を目標としています。

2 名義変更は二週間以内、事前に車検書をいただければ一週間以内に完全にクレヨン名義に変更いたします

3 支払いは現車及び書類がいただければ現金にて用意いたします
  (希望があれば当日振込みも可能です)

4 空冷ポルシェなどは経年劣化が進んでいますので、クレヨンスタッフが心をこめて私の乗りたいポルシェにリフレッシュします

5 人任せの買取はいたしません。
必ず私かクレヨンスタッフがお顔をみてオーナーの大切な気持ちを受け取り、譲り受けます。

6 クレヨンで直接販売するポルシェを譲り受けた時には、東日本大震災の義捐金として一台20000円をあしなが東日本大震災津波遺児募金に送っています

クレヨンで良ければ大切なポルシェを譲っても良いかなと思われている方
こちらの クレヨンの買取ホームを一度クリックして見て下さい