本日のクレヨン 1月31日

早いもので今年も一月が終わろうとしています。
本日のクレヨンのお仕事
左の写真から993カレラSの外装リフレッシュ
私が洗車してもいいくらいに仕上げています。

右の写真
来月24日に行われる911DAYSポルシェレース初戦に参戦することもあり、レース前点検をするクレヨン964大人の運動会仕様です。

真ん中の写真
今朝クレヨンから見た琵琶湖です。
天気がこれだけ良いのに、いつもなら対岸にハッキリと見える近江富士こと三上山が見えません。

おそらく中国からの大気汚染、色々な悪い物を含んだ黄砂が飛んで来ています。

私は喉と鼻が敏感です。
そのため、今日はものすごく飛んでいると思います。
皆さん子どもさんには必ずマスクを装着させてあげてください。
かなり悪い物質が飛んでいると思います。

トラックバック


ポルシェ930SSターボボディー やり残し整備

90パーセントの事前納車整備が終わっていましたが、エンジン調整と朝の一発目の火の入り方などが私の中でNGでした…

中々工場の空き及び現在乗っていただいているクレヨンポルシェのオーナーの検査、修理のため
思っていても整備が出来無かったのですが、ようやく手を入れるタイミングになりました
 
左の写真
前回の整備で、人間で言うなら鼻の空気を吸い込む所のエアフロが少しボケています(調整しても規定数値に入らない)
この部分は色々と改造される方もおられますがエンジンルームを開けたときの雰囲気を大事にすることで純正で対応します
  
そして 真ん中の写真は 人間で言うお尻のところについているエンジンの排気の状態を頭に指令する所です  
私は数年前に小腸出血をしてからドクターに必ず一日一度は確認といわれたので(笑)
ポルシェのエンジンも確認させるための見張り番の所です  
定期交換部品でもあります

そんな部品を交換しながらエンジンを温め、試運転を繰り返しエンジンの調整
右の写真
そして今朝、朝一発目の火を入れてからアイドルアップの状態、そしてエンジンが完全に温まらなくても動かした時の回転の落ち込みなど、私が頭に描いている動きを確認....結果頭の中の絵とあいました...(笑) 

あとは クレヨン納車整備であるゼロ推進整備だけを残すだけです
足回りはすでに前回前後ショック新品に交換アライメントまで調整済みですのでなかなかのフィーリングです
ブレーキのタッチも良い感じです

トラックバック


本日のクレヨン 1月27日

お天気が気になる本日
クレヨンの回りはご覧の通り天気も良くなっています
クレヨンから北に20キロ以上行くと雪を気にしないとだめですが 
クレヨンは問題ありませんので是非来店宜しくお願いします
お年玉企画最終の日曜日ですよ....

真ん中写真 
930スピードスター ターボルック最終整備中

右の写真
リアバンパー ペコも綺麗に直りました 良かった良かったと964カエルも喜んでいます(笑) 

トラックバック


クレヨンポルシェにリフレッシュ 外装編スタート

1997年から2013年まで16年経過していますが、一人のオーナーが維持されてきました....  
修復歴 交換パネルのない良い固体のワンオーナー車 

しかし外装には残念ながら 凹みキズがあります 
その為クレヨンポルシェの基本 私の乗りたいポルシェに外装もリフレッシュします
今回はその模様を皆様に一度見ていただきたく本日からアップしていきたいと思います   
まずは ライト類 テール類 など細かな部品の取り外しから始まります

トラックバック


感想文シリーズ 新型Aクラス乗りました 今年はヤナセ販売協力店も頑張ります

 

ヤナセ販売協力店になって20年に以上なります 色々なヤナセ車を販売して来ました
そして昨晩今話題の新型Aを試運転しました

ドアを開けて乗るところからまったく別の車です
今までのAの開発コンセプトは無し、エンジンのレイアウトからピラーの角度 ポジション ハンドリング全てが異なります

ベンツに対して怒られるかも知れませんが以前のAは少しトラック感覚の運転スタイル
今回のAはスポーツカーの運転スタイルです、基本Bクラスのスポーツバージョンと思ってください
後ろの席を重視する人はBクラス、運転する楽しみがあるのは明らかにAクラスです

今回発売されたAクラス今までまったく異なるユーザーが購入される事は間違いのないものです
フランス イタリア車そしてVW系 ボルボ系から乗換えられる方が増える事間違いなしのクオリティーの高い一台です

私も欲しくなったぐらいです(笑) 
価格も284万円から関西地区でAクラスをお考えの方で担当セールスがおられない方 クレヨンにご相談ください値段的には値引きは出来ませんが 素晴らしい担当セールスと私が美味しいと思った 二品お送りいたします....
一品はネットでも現地に行って手に入らない 美味しい ふじリンゴ 後は秘密...

最後に 乗り心地を重視するならベーシックモデルがお勧めです 

トラックバック


フェイスブック先行996GT3RS試運転記事書いてみました ?

ご存知の方もおられると思いますが
最近クレヨンのニュースサイトだけではなく フェイスブックにもポルシェ専門店ガレージクレヨンのサイトを作り、書き込んでいます  
是非一度良ければ覗いてみてください 明日このニュースサイトでアップする予定の996GT3RSの納車整備後試運転アップしました 

フェイスブック ポルシェ専門店ガレージクレヨン


本日のコーティング 塗装工場 1月24日

クレヨンには分解整備をする認証工場と、以前からある上下圧そうブースを導入している塗装・コーティング工場の二つの工場とショールームなどがあります。
それを利用して約300坪の敷地内でクレヨンポルシェを、基本の私の乗りたいポルシェにリフレッシュしています  
今年からクレヨンが力を入れているのは .....他社で購入され方の軽度の キズ 凹みを治すことです 

注意 
修正機などは設置していませんので事故車は直せません

そんなことで、今年フロントバンパー及び前回り塗装でお預かりしたパサートワゴン
男前になりました最後に塗装の匠村田が掃除をしています
村田..談 これは最後の確認でもあり、洗車だけではなく内装などの汚れなどもチェックしながら綺麗にしている、私の仕事です...

なるほど…あたり前のことですが この気持ちが一番大切ですね.... 
最終は私のチェックがありますが(笑)

真ん中の写真 964のバンパー修理
964リアバンパーは三分割になっているので ぎりぎり真ん中だけの交換ですみました...
ポルシェのリアバンパーは普通の車と異なり高熱になるので、出来るだけ補修はさけるのが鉄則です
あとあとパテが浮いてくることもあり ひずみがでますよ.... 
数年はOKでもポルシェは長寿の車ですから....   

軽度のキズ 凹み Wコーティングなど他社で購入されたお車でも、お気軽にお問い合わせください
値段は他社より安くはありませんが 良い仕事を  する事だけは 間違いありませんので......
  まずはお電話077-579-0009

トラックバック


感想文シリーズ5 ポルシェ991今なら書いてもOK私のインプレ

中々書きたくても 書けないのが新型のポルシェ991私のインプレ 
ポルシェに乗って33年
色々な911のモデルチェンジを体験してきました 
89年25年か作られたロングセラータイプ930から
タイプ964にモデル変更した時の事 そして964から993に変更 996から997に変更
などさまざまな経験した私ですが、今回の997から991への変更が最も色々な意味で衝撃を受けました 

それは私の中でタイプ930から997までは全て911と言えるポルシェだったからでした

最初に私の答えを言うなら 今回は911ではなく991と言える事です
つまり乗ってみれば全てが異なっていることがわかります

腕時計で例えるなら自動巻きから いきなり電波同系の電池交換10年OK物
パソコンで言うならドスからxpに変わったぐらい(笑) 

エンジンは911のフラット6で同じで 駆動方式もRRで同じですが 
エンジンをかける所から 全て別の車に変わっていました 

発動は電子キー エンジンがキーをひねってかからない事はゼロです(笑)
これで俺のポルシェ一発でエンジンに火がはいるで..と..自慢できなくなりました(笑)
 (壊れていない限りは) 

そんな機械的なことを書き出したらきりが無いので、そのことは専門家の自動車評論家さんに任せることにして 、今まで911〔930から997と)実際に乗って変わったところからお話します

まず燃費は一番よいのでは(笑)
つぎに足回り、これが今回一番変わりました
これRRですか? と思うほどのステアリングの入り 高速の安定性 フロントの落ち着き
おそらく 私はまだ試していませんが ガソリン満タンと半分ぐらいならほとんど変わらない
感覚で全ての乗り味が同じと思われます
それほど911の永遠の課題である良くも悪くも 可愛らしく愛くるしい毒々しい特徴が軽減されています 

実際に今までの911より 高速コーナー ワインディングなどを確実に速く 安全にく走れる事は確信できます
思い起こせば 2011年にニュルでポルシェ関係のドライバーが
『991は初代996のGT3より格段に速くニュルを走る事が出来る・・・それも運転技量に関係なく』
といった言葉が分かりました(笑)

パワーステアリングを電動に変更 これかなりのメリットあります、パワーが格段にあがりますね
もともとパワーステアリングのポンプを動かすのはエンジンのカムシャフトなどからの
回転する所からパワーを横取りしてきたので、これをなくす事で大きく異なります
つまり964のカレラ2とRSを乗り比べるとノーマルまったく違うとよく言われますがこの事が大きく実は異なりますね

まだまだ色々と異なる所は山のようにあります
書きたいのは山々ですが、これ以上書くと自動車評論家さんの仕事がなくなるので止めときます(笑)

私の答えは 
最高に素晴らしいポルシェ社が作った最高傑作のグランドツーリスモの完成と思います

そして私が60歳を超えてミッション車を運転するのが嫌になり、長距離ドライブで快適で隣に乗っている家内が何時でも心地よく寝られる乗り心地を求めた時に乗り換えたいと思います
(いまは横でワイワイ話していますから(笑)) 

最後に何の不満の無い素晴らしい991

私が嫌な所、二つだけ言います 

サイドブレーキが電子式になった事、エンジンが簡単に見えないこと(笑)

991ズバリ オーナー予測
高級ベンツクーペ AMG アルピナ アストン ベントレー BM6以上クーペ アウディー5以上クーペ ジャガー マセラティーなどから乗り換えられる方にはおそらく最高のポルシェではないかと思います 

ポルシェを乗られたことのある方なら
ポルシェを極めた人、そして911に少し疲れた人にも最高の一台です 
そんな方がおられましたら 是非ご連絡ください....

あくまでも 今回の文面は私の考え方ですからご理解くださいね
クレヨンの変人のおっさんがこんな事書いてたでと皆に言わないでくださいね(笑)

991レースカーこれでフェラリー458レースカーに楽勝で勝てますね(笑) 
ポルシェバカ変人親父の....たわ言....終わります....

他のポルシェの感想文を下記のトラックバックをクリックしていただければ見れますよ...

トラックバック


連日入庫義捐金対象ポルシェ993カレラS TIPワンオーナー

新車から乗られてきた......
空冷最終のタイプ993カレラSをクレヨンに譲り受けいたしました

ありがととうございます

走行も3.6万キロと少なく 修復歴なし 交換パネルなしの 良い個体です  
しかし最終の空冷ポルシェといえども今年で18年目を迎えます 
その為一台一台、クレヨンポルシェの基本 私の乗りたいポルシェにリフレッシュしてお渡しいたします
今回の良い固体のカレラSもエンジン本体からオイル漏れ ボディーも一部ダメージなどもありますがクレヨンスタッフが譲って頂いたオーナーの気持ちを大切にするため確りリフレッシュして..... 
クレヨンの信念 私と気の合う素敵なオーナーに乗っていただけるようにしたい思います 
本当にクレヨンに大切にされていたポルシェをお譲り頂きありがとうございます
 
ニュースサイトで告知しているように直接販売するポルシェを譲って頂いたので、20,000円を東日本大震災の義捐金としてあしなが育英会に送りたいと思います

余談になりますが まだまだ阪神大震災のようなスピードで東日本大震災は復興できていません…….


今年初の義捐金対象ポルシェは991カレラPDKクレヨンにお譲りありがとうございます

このほどは大切にして頂いていたポルシェを世の中にあふれている買取店の中から 遠方よりクレヨンにお譲り頂きありがとうございます
また 絶大なる信頼をして頂き感謝しております 

クレヨンのお約束は
譲り受けたオーナー様と同じぐらい素敵なオーナー様にお渡しするする事
これだけは他店のお店には負けないと思っています

また 
ニュースサイトで告知しているように 直接販売するポルシェを譲って頂いたので20,000円を東日本大震災の義捐金として あしなが育英に送りたいと思います
クレヨンでは今年も義捐金活動を続けております  
現在の義捐金合計1,743,592円

今回の入庫車
2012年タイプ991カレラ2 PDK ディラー車 左ハンドル 
ワンオーナー 修復歴なし 交換パネルなし  新車の匂いが漂っています
クロノパッケージ シートヒーター キセノン オートエアコン 内装ブラック 走行0.5万キロ 検査27年4月  後日ストックリストにアップします
いち早く情報が欲しい方は今年もストックリストに掲載する前に必ず先にこのニュースサイトにて報告いたします クレヨンの最新入庫情報は日々更新するニュースサイトをご覧下さい

興味のある方は右上お問い合わせフォームよりどうぞ