ポルシェ996 40 Jahre 点検整備

こんにちはアルファオートメカニックです。

今回の作業は、

ポルシェ911(996) 40 Jahreの点検整備です。

とても珍しい「Jahre」、40周年を記念して作られた限定記念モデルです。

 

 

 

 

オーナーさんはもともと993に乗っていたのですが訳あって手放され、

でもやはりポルシェ!

ということで996の少しこだわりのJahreを手にされたわけです。

で、「一通り点検してほしい!」ということで、

ご入庫いただきました、ありがとうございます。

 

 

もともとコンディションの良いお車だけありますが、

ラジエターからの水漏れを発見し、ラジエター修理を施しました。

これで終わりかな~、なんて思っていた矢先の、

オイルセパレーターからLLCが勢いよく漏れているではありませんか(苦笑)

オイルセパレーターは、
クーラントを利用してブローバイガスを未燃焼ガスとオイルに分け
環境保護に役立てているようです。
 
オイルが出る場合とクーラントが出る場合とインテークに分離させたオイルが入って
マフラーから白煙を吐く場合が有ります。
 
もっとひどくなるとインテークにクーラントが入っていくはず。

 

 

今回はエア抜きの最中にクラックが入ったようですね、

走行中などでなくてよかったです。

まもなくお戻しさせていただきますので楽しみにお待ちくださいませ。

 

水冷ポルシェの点検整備もアルファオートメカニックにお任せください!

ポルシェ専門店 アルファオートメカニック
〒344-0042 埼玉県春日部市増戸257-1
tel: TEL:048-754-5001
営業時間/AM9:00~PM6:00 定休日/水曜日、第2・第4・日曜日

 

 


コメントは受け付けていません。