ポルシェ930 3.2カレラ車検整備

こんにちはアルファオートです。

お客様のご子息が免許を取るまでずっと眠り続けていた3.2カレラいよいよ始動!

ということで車検整備のご依頼です。

 

 

長期放置した場合、安易にエンジンをかけてクランキングすることはNGです。

「久しぶりだけどエンジンかかるかな?キュルキュル・・・」

なんてことは、空冷911全般、ドライサンプエンジンにはやってはいけないことです。

長期放置によってオイルタンクから少量づつポンプへとオイルが落ちていっており、

安易にクランキングしてしまうとエンジンがかからないどころか、

クランキングできなくなってしまいます。

オイルを抜いて、

スパークプラグを取って燃焼室の点検(オイルが侵入します)清掃、

マフラーに溜まったオイルの除去(燃焼室からオイルが下がってきます)、清掃、焼き入れ除去(少し

のオイルでも廻りが真っ白に白煙が出ます、田舎でないと出来ない作業です)。

などなど大変な作業となってまいります。

 

空冷ブームの昨今、とても多い故障事例ですね、

空冷ポルシェやドライサンプ車は、こまめにエンジンをかけてクランキングしてあげてください。

 

ポルシェの車検・点検・整備はアルファオートにお任せください。

ポルシェ専門店 アルファオートメカニック
〒344-0042 埼玉県春日部市増戸257-1
tel: TEL:048-754-5001
営業時間/AM9:00~PM6:00 定休日/水曜日、第2・第4・日曜日

 


コメントは受け付けていません。