PORSCHE News and Reports

チャンネル9スタッフによる「ポルシェ探訪

 

 

head1

 

「クラシックポルシェスポーツデイ(CPSD)2016」開幕!

2016年第一戦が3月27日(日)に袖ヶ浦フォレストレースウェイにて開催されました。

主催は、東京世田谷のポルシェ専門店「The Garage Works」を事務局としたCPSD実行委員会、

「日本初! クラシックポルシェ・イベント」として日本から世界へを目標に。

 

001 004

003 002

005 008

007 006

018 020

 

「クラシックポルシェスポーツデイ」は356にはじまり歴代の空冷911のサーキット走行を楽しめる数少ないイベントとして

今年で2シーズン目を迎え、徐々に人気が高まってきているとのこと。

今回のエントリーは約50台ほど。

世界的にもステータス性が確立されているポルシェの中でも

希少価値の高い356、911(ナロー)、930、964をモデル別にクラス分けし、

フリー&予選(15分)→決勝(10周※356は8周)で争われる。

 

009 010

011 012

013 014

021 022

023 024

025 026

 

アクセル全開でストレートを駆け抜け、小気味よいシフトワーク&ヒールアンドトゥで鋭くコーナーをパス、

巧みなステアリングさばきで本格的に本気で競り合いながらも、

ベテランとビギナードライバー同士のジェントルな気配りから

終始スムーズでスマートな走行がとても印象的でした。

走り終えたドライバーたちの表情はみな生き生きと充実した最高の笑顔!

ドライバー同士レースを振り返りたたえ合いと何とも楽しそうで良い雰囲気ですね。

 

016 017

015 029

 

「タイムスケジュール、半日イベント、そしてアクセスのよい袖ヶ浦サーキットでの開催というスケール感と

スマート感が皆さんに共感をいただけているのだと思います」とはCPSD事務局の高橋さん。

受付開始7:00からイベント終了の13:00までの1/2dayの中に凝縮されたテンポの良いタイムスケジュールは、

決して物足りなさは感じず忙しすぎず中だるみすることない適度な緊張感と、

時短イベントというお気軽感が都内近郊に暮らすオーナーに人気なのだろう。

さらには雑誌タイアップやTV放映などメディア露出によってステータス感も高く人気を後押ししているのではなかろうか。

「参加しやすいし上手なドライバーさんもいてね、楽しいよこのイベントは。」 なんて参加者からのコメント通り、

敷居を上げずにサーキットビギナーにも優しいレースイベントのようです。

※エントリーフィーも大変魅力的♪

「いきなりレースはちょっとな~」

なんてビギナーには練習走行枠を活用してまずはサーキットに慣れてみてはいかがだろう。

午前中はポルシェを楽しみ午後からは家族や友人との時間を楽しむことで貴重な休日を有効に楽しめる

これまでにない「都会派サーキットイベント」、チャンネル9からもぜひおすすめしたい。

次戦は6月12日、同じく袖ヶ浦フォレストレースウェイにて開催される予定。

往年のポルシェと共にCPSDのスケール感を一緒に味わってみてはいかがでしょう。

観覧は無料、ポルシェファンも集まれ!ですね。

 

030

 

special thanks:

CPSD事務局 http://classic-porsche.jp/

The Garage Works http://www.thegarageworks.jp/

 

 

 


今年も行ってまいりました、「アイドラーズ 12時間耐久レース」へ。

今年は90台弱のエントリー、
その中でポルシェは14台のエントリーとなり
楽しくも真剣な大人の運動会が繰り広げられました!!

今回チャンネル9では、

チーム「マルヒラレーシング」、「Babyface」と共にエントリー?!

10492305_569152296526747_4906908240072465174_n

10384445_569152126526764_6042815015264892748_n

詳細レポートはまた後日。。。

まずは皆様お疲れ様でした。

special thanks:
UZI http://www.uzi.co.jp
T.U.C.GROUP http://www.tucgroup.co.jp
Baby Face yokohama
idlers club http://www.idlersclub.org


チャンネル9加盟店サポートで久しぶりのアイドラーズゲームにお邪魔しました。

相変わらずの過熱ぶり!

チャンネル9ステッカーを張ってくれた皆様、

いつもthank youです!!!

IMG_9542

写真アルバムはチャンネル9facebookにアップしました!

チャンネル9FACEBOOKページ

special thanks
UZI www.uzi.co.jp
PROMODET www.promodet.co.jp
TUC group www.tucgroup.co.jp/


久方ぶりにレーシングポルシェ達を捉えてきました!!

「2012 idlers game」

今年も熱い走りを楽しんでおられるようです♪

今回photo galleryのみで!

ちなみに

CHANNEL-9 FACEBOOK

始まってます!

最新入庫車両などFACEBOOKでも更新中でございます。

ポルシェに乗っている人も乗っていない人も是非ご活用を!


こんにちは、チャンネル9です。
真夏の「アイドラーズ12時間耐久レース」に続き、今回はアイドラーズゲームスプリントの魅力に迫りたい!ということで第二戦の舞台となる筑波サーキットへの「ポルシェ探訪」。9月末ともなるが、この日の気温は30度を超える残暑厳しい一日となった。チャンネル9お目当てのポルシェ勢はおよそ90台近くのエントリーでしょうか? これだけのレーシングポルシェが集まるとまさに圧巻!!チャンネル9をサポートいただいているショッププロデュース車両も多数エントリー。今回もチャンネル9ステッカーにご協力いただいた、UZIさん、プロモデットさん、TUCレーシングさん、そしてオーナーの皆様方に感謝です!

AM6:00~和やかな雰囲気の中ブリーフィング、
AM8:00~、いよいよフリー走行へ。

ポルシェ勢は6カテゴリーに分かれて争われており、930/9クラスに始まりNR/9-s、Super-Cup/Super-Cup ssの順にコースインし20分のフリー走行を行う。各カテゴリーとも20~30台がエントリー。それぞれ車両規定が異なるため安全上、予選/決勝レース含め混走することはない。

AM10:30~、公式予選のスタート!

フリー走行とは明らかにクルマの挙動が異なる!、限界ギリギリのタイムアタック!
抜きどころの少ない筑波サーキットは予選結果が決勝レースを大きく左右する。

少し荒れ模様となったこの日の予選。
他カテゴリーでもスピンやコースアウト、アクシデントが多かったようだ。

一度クルマから降りてしまうと仲間同士和気あいあいとした雰囲気となるパドック内。
ライバル車(社?)との意見交換も和やかムード、笑いが絶えない。
予選での反省をもとに最後までセッティングに時間を費やす車両も。

PM12;30~順次決勝レースがスタート!ドライバー、エントラントの興奮も一気に頂点へ!

荒れ模様となった予選を鑑み、周回数を減らしてのレースとなった決勝。

UZIさん、プロモデットさん、TUCレーシングさん、それぞれの面々が表彰台をゲット!
ドライビングもさることながらクルマ作りの腕もピカイチ!!です。

スタート時のアクシデントでリタイヤ、ポジションダウンを余儀なくされた車両も・・・
ケガがなくてまずはなにより! 次のレースでのリベンジを願っております。

年間全4戦を総合の獲得ポイントで争うこのスプリントレースは、ポルシェの他にもミニ、ユーロ(ヨーロッパ車)、フォーミュラ、スーパー7、ハチロク、フェアレディーZ、その他国産GTカー、軽自動車のカテゴリーが用意されており年々活況を増すばかりだとか。エントラントの中心を担うのはやはり40代から50代のクルマ世代といえるだろう、少し小腹の出た?!少年の目をした元気いっぱいな中年達が支える。中には本職のレース屋さんもいるようだがレース経験の多い少ないはあるもののエントリーのほとんどは一般素人。皆で楽しめるサンデーレースを主催者であるアイドラーズ事務局と一緒に全員がエントラントとして楽しみ、盛り上げる。レース参戦って言うと敷居が高く感じると思うが、サーキットライセンスやJAF A・Bライセンスも必要ない、普通免許さえあれば誰でも参加が可能。とはいえ事前にサーキット走行会やショップ主催の走行会などでのサーキット走行の経験を踏むことは是非にオススメしたい、サンデーレースとはいえ危険と隣り合わせであることをしっかりと認識し基本ルールを守ってモータースポーツを楽しみたいからね。

これからサーキットデビューを考えているポルシェオーナーは、まずはアイドラーズの熱い走りを観戦してみてはいかがだろう?サーキットを駆け抜けるマシーンと響きわたるエキゾーストノート、本気で遊ぶアイドラーズ達の走りに間違いなくやられるはず!?そして次の瞬間、レーシングスーツに身を包み、自らがステアリングを握りコーナーを気持ちよく駆け抜けるシーンを頭にイメージすることだろう。
第三戦は11月13日、舞台をツインリンクもてぎに移し開催される。
詳しくはアイドラーズクラブホームページへ。

アイドラーズクラブ: http://www.idlersclub.org/

special thanks:
UZI http://www.uzi.co.jp/
TUC racing http://www.tucgroup.co.jp/
PROMODET http://www.promodet.co.jp/


皆さんこんにちわ~!

しかし暑すぎやしませんか?
外に出ると唸ちゃう暑さですよね・・・。

皆さん熱中症にはご用心。
水分補給はマメに取ってくださいね!

さて、本日は番外編で『2011K4-GP』の取材に行ってきました。

 

なぜなら、ポルシェ専門店のプレステージさんと輸入車レンタカーのディレックスさんがレ-スに参加するのです!!
そしてチャンネル.9のステッカーちゃんも貼ってもらっちゃっています。
感謝・感激。ありがとうございます!

レース前には楽しいコスプレショーが開催!!
プレステージさんの現役JDの方々もレースクイーンの格好で参加していました!

決まってますね~ かわいいっすね~ やっぱりコレっすね!!笑
周りからも握手や写真を求められ、注目の的でした!!
レースよりこっちのが賑わってたかな・・・・笑

Kカー参加台数はなんと138台!!
天気もガツガツに晴れ、路面もバッチリコンディションで、レースにはもってこいでした。
(自分的には曇りが良かったですけど・・・。)

スタートは、誘導車の後に参加車が続々と続いていき、プレステージさんのトゥデイも後方に位置していましたが、今にも前の車を抜かす勢いな戦闘態勢。
ディレックスさんは・・・あれれっ???

なぜっこんなところに・・・!?
整備が間に合わず、一番最後からのスタートとなってしまいました。残念。
でも道のりは長いですからね。まぁ全然問題ないですね!!

一周しシグナルが赤から青になりスタート!

みなさん一斉にフルアクセルっ!!
Kでもやっぱり迫力はありますね。
なんせ138台が一斉に走っていますから!
自分がレースに参加したら即クラッシュしちゃいそう。汗

プレステージさんのトゥデイは快調快調!
グングン追い抜いて一気に20位まで上がりました!!
すごっっっ!

ディレックスさんのビートⅡも最下位からのスタートなのに、グングン順位を上げていっております!!

レース中盤、自分が色んな所で撮影している中、放送で「481番リタイヤ」的な放送が流れ、????
481番てまさかっ!と思い駆けつけてみると・・・

 

スピン後、後続車に追突されクラッシュ。
お互いに大きなケガはなかったようなので一安心。
残念な結果と肩を落とすと思いきや・・・
バーベキュー大会に変更!!

『どんな結果になっても、みんなで楽しくワイワイやるのがイイんだよ!』とプレステージさん。
いや~良いショップさんですよね!
皆さん笑顔で満喫しておりました。

一方、ディレックスさんは・・・

ガソリンが持たないから最後にみんなでタイムアタックをやる!と休憩中。
車内にもオーディオを積んでいて、自分のiPodで音楽ガンガンで楽しくレースに参加していました。
サイコーですね!!

皆さんそれぞれでこのレースの楽しみ方がありますね。
もちろん完走が一番の目標なんだと思いますが、それより無事に楽しく終われればそれで良い!と言う思いの方が強いですね。
これがこのレースの醍醐味なのかも知れません!
このレースを取材しに行ってチャンネル9も参加したい。と思いました。
来年に参加できるよう作戦を練りたいと思います!!!

今回ご協力頂きました、

ポルシェ専門店プレステージさん

輸入車レンタカーディレックスさん

本当にありがとうございました!

【フォトギャラリー】

   


こんにちは、チャンネル9です!

暑さもうだる2011年夏、皆様いかがお過ごしでしょうか?

節電元年のこの夏に、暑いからってクーラー三昧なんてご法度ですね。
エアコン温度を28℃にセット!
軽く汗を滲ませながら、さー「ポルシェ探訪」スタートっす。

アイドラーズ12時間耐久01

今回の探訪、場所は栃木県茂木町にある「ツインリンクもてぎ」で開催の

「idlers Games / 12時間耐久レース」に仲間やお客さん、従業員を連れてレースに出る!
なんてショップさんが3社ほど。しかもポルシェでエントリーのショップ様からは
「チャンネル9ステッカー貼ってあげるよ!」なんて嬉しいお言葉がきっかけとなりまして、
図々しくもステッカーをデカデカと貼ってもらい我々チャンネル9スタッフ用Tシャツやら
ポロシャツまでこしらえての応援&撮影取材となりました。

アイドラーズ 12時間耐久04

我々取材スタッフもAM5:00に途中のSAで集合!

7:00に到着した時にはドライバーズミーティングの最中で既にピリピリムード・・・

素人さんの集まりとは聞いていたが、真剣さは本物です。

7:55~ローリングスタートによりいよいよレース開始!

気温34.1℃の猛暑の中、我々も撮影開始!!(アチィ~)

アイドラーズ12時間耐久レース09 アイドラーズ12時間耐久レース010 アイドラーズ12時間耐久レース011 アイドラーズ12時間耐久レース012

今回快くチャンネル9ステッカーを貼ってエントリーして下さったのはこちら!

ポルシェ930カレラ3.2

「UZIさん」 http://www.uzi.co.jp

「TUCレーシングさん」 http://www.tucgroup.co.jp

「ガラージュモンツァさん」 http://www.garage-monza.jp

アルファ用の大判ステッカー 準備できずすみません。
次回は姉妹サイトのエキゾチックカーでサポートします!

聞くところによるとレース前夜から最終の車両チェックや、レースに必要な備品などの積み込み、最後に車両の積み込みなどみなさんほぼ徹夜でレースインの模様。レース中は先頭に立ってチームをけん引、トラブル発生ともなれば熱く煮えたぎるエンジンルームに手を突っ込み、場合によってはジャッキアップした車体の下にもぐりこみ、素早くトラブルシューティング→復旧作業とこなされて、もちろんドライバーとしても割り振られた走行枠を目一杯走り切り、次のドライバーへバトンを渡す。。。12時間耐久のはずが合計40時間の耐久(汗)になってしまったようで。。。並大抵の「オツカレ!」ではないですよね。それでも皆さん不思議と疲労感は全く感じない、ピット内やパドック内では終始笑いが絶えることはなかった。

一方、他のドライバー(仲間たち)はというと・・・

サインボードを出したり、燃料購入に走ったり、ピットイン時には、ドライバーの補助、燃料補給、アース取り(静電気による火災防止)、その他窓を拭いたりと結構忙しくもこちらも楽しそうである。

手作り感のあるピット作業でありながらにして本格的!、遊びとはいえ一歩間違えば事故にもなりかねないことはみんな十分に理解している。さすが大人の少年の目を持った皆さん「アイドラーズ」である。

それでも車が飛び出しちゃえばこんな感じ↓↓↓でしたけど(笑)

仮眠、遅めの朝食、サーキット仲間との談笑、家族サービス(これ元気になります)、暑さ対策も!

例年に比べ参加車両は少なめ?!とのことだが、それでも94台のエントリー(昨年は100台超え)、ドライバーや応援のサポーターを含め優に1000人は軽く超える人気のイベント。主催は「日本アイドラーズクラブ」。このアイドラーズクラブ、耐久レースだけではなく年間シリーズ戦全4戦のスプリントレースも開催、ポルシェだけでなくミニやMG、国産車クラスも用意され気軽に楽しめるレースイベントとしてとても人気が高い。エントリーする全てのショップ、クラブ、個人が主催者でありエントラント!といった趣旨を持つ日本を代表するレーシングアソシエーションではあるが本職ではないという。しかしながらこういった団体が現代の車好きレース好きを支えてくれている。さらに言えば、敷居を下げ門戸を広くすることで若者や中年層の車への興味喚起を促す役目を担っているようだ。

途中のトラブルにも問題なく対応。
と、口では簡単に言うけれどかなりの重作業を行うチームもあり12時間耐久レースの大変さとゴールにかける思いを目の当たりにしました。

ガラージュモンツァさんはスタートから30分ほど経過したところでミッショントラブル。

ミッションの載せ換え作業に8時間をかけラスト3時間を切ったところでコースに復帰!

この時点で感動で胸が一杯になったりもして・・・

感動して汗だくのメカニックの写真さえ撮り忘れ(汗) ご苦労様です。

さてレースは終盤、夕陽のサーキットの美しさとを楽しむ間もなくドライバーたちの疲れはピークに・・・

我々「ポルシェ探訪編集部」においては初めてのレース取材、しかも12時間という長丁場の耐久レースということもありスプリントでは味わうことのできない貴重な体験をさせていただいた!チーム全員で完走という一つの目標に向かって、ドライバーのサポートやピット作業の連携、トラブル発生ともなればヒートアップするメカニックをうちわや扇風機であおぎ、重症となるトラブルにも時間が許す限り最後まで仲間と知恵を出しあい、協力しながら復旧を行う。ポジションが上がった下がったで子供のように一喜一憂し、走り終えたドライバーからアドバイスをもらったり、あの走りはあーだこーだと褒めたりけなしたり(笑)。最初はぎこちない初対面となるチームメイトであったとしても、最後には仲間となっていく姿に、我々も見ていて感動と懐かしさを覚えた。ドライブすることがなかった我々スタッフとはいえ、エントラント! これがアイドラーズの精神?!なのか。

そして待ちに待ったエンディング!

チームメイトの手厚いお出迎え、シャンパンファイトならぬウォーターファイト?
「順位なんて関係ない、みんなで楽しい時間を過ごせたことがなによりだよ!」
と少し強がってみたりして(笑)

最後にチームメイトと分け隔てなく我々チャンネル9スタッフを迎い入れてくれた皆さま方、喜びや感動を皆さまと共有させていただきましたこと大変に感謝しております。またご協力いただいたUZIさん、TUCレーシングさん、ガラージュモンツァさんこの場を借りてお礼申し上げます。

そしてこんな素敵なイベントを主催されている「日本アイドラーズクラブ」様へ敬意を表します。

では皆さま、また来年!!

主催:日本アイドラーズクラブ

取材協力:UZITUCグループ(TUCレーシング)ガラージュモンツァ


primage