PORSCHE News and Reports

チャンネル9スタッフによる「ポルシェ探訪

アイドラーズ2011 第二戦 筑波サーキット

こんにちは、チャンネル9です。
真夏の「アイドラーズ12時間耐久レース」に続き、今回はアイドラーズゲームスプリントの魅力に迫りたい!ということで第二戦の舞台となる筑波サーキットへの「ポルシェ探訪」。9月末ともなるが、この日の気温は30度を超える残暑厳しい一日となった。チャンネル9お目当てのポルシェ勢はおよそ90台近くのエントリーでしょうか? これだけのレーシングポルシェが集まるとまさに圧巻!!チャンネル9をサポートいただいているショッププロデュース車両も多数エントリー。今回もチャンネル9ステッカーにご協力いただいた、UZIさん、プロモデットさん、TUCレーシングさん、そしてオーナーの皆様方に感謝です!

AM6:00~和やかな雰囲気の中ブリーフィング、
AM8:00~、いよいよフリー走行へ。

ポルシェ勢は6カテゴリーに分かれて争われており、930/9クラスに始まりNR/9-s、Super-Cup/Super-Cup ssの順にコースインし20分のフリー走行を行う。各カテゴリーとも20~30台がエントリー。それぞれ車両規定が異なるため安全上、予選/決勝レース含め混走することはない。

AM10:30~、公式予選のスタート!

フリー走行とは明らかにクルマの挙動が異なる!、限界ギリギリのタイムアタック!
抜きどころの少ない筑波サーキットは予選結果が決勝レースを大きく左右する。

少し荒れ模様となったこの日の予選。
他カテゴリーでもスピンやコースアウト、アクシデントが多かったようだ。

一度クルマから降りてしまうと仲間同士和気あいあいとした雰囲気となるパドック内。
ライバル車(社?)との意見交換も和やかムード、笑いが絶えない。
予選での反省をもとに最後までセッティングに時間を費やす車両も。

PM12;30~順次決勝レースがスタート!ドライバー、エントラントの興奮も一気に頂点へ!

荒れ模様となった予選を鑑み、周回数を減らしてのレースとなった決勝。

UZIさん、プロモデットさん、TUCレーシングさん、それぞれの面々が表彰台をゲット!
ドライビングもさることながらクルマ作りの腕もピカイチ!!です。

スタート時のアクシデントでリタイヤ、ポジションダウンを余儀なくされた車両も・・・
ケガがなくてまずはなにより! 次のレースでのリベンジを願っております。

年間全4戦を総合の獲得ポイントで争うこのスプリントレースは、ポルシェの他にもミニ、ユーロ(ヨーロッパ車)、フォーミュラ、スーパー7、ハチロク、フェアレディーZ、その他国産GTカー、軽自動車のカテゴリーが用意されており年々活況を増すばかりだとか。エントラントの中心を担うのはやはり40代から50代のクルマ世代といえるだろう、少し小腹の出た?!少年の目をした元気いっぱいな中年達が支える。中には本職のレース屋さんもいるようだがレース経験の多い少ないはあるもののエントリーのほとんどは一般素人。皆で楽しめるサンデーレースを主催者であるアイドラーズ事務局と一緒に全員がエントラントとして楽しみ、盛り上げる。レース参戦って言うと敷居が高く感じると思うが、サーキットライセンスやJAF A・Bライセンスも必要ない、普通免許さえあれば誰でも参加が可能。とはいえ事前にサーキット走行会やショップ主催の走行会などでのサーキット走行の経験を踏むことは是非にオススメしたい、サンデーレースとはいえ危険と隣り合わせであることをしっかりと認識し基本ルールを守ってモータースポーツを楽しみたいからね。

これからサーキットデビューを考えているポルシェオーナーは、まずはアイドラーズの熱い走りを観戦してみてはいかがだろう?サーキットを駆け抜けるマシーンと響きわたるエキゾーストノート、本気で遊ぶアイドラーズ達の走りに間違いなくやられるはず!?そして次の瞬間、レーシングスーツに身を包み、自らがステアリングを握りコーナーを気持ちよく駆け抜けるシーンを頭にイメージすることだろう。
第三戦は11月13日、舞台をツインリンクもてぎに移し開催される。
詳しくはアイドラーズクラブホームページへ。

アイドラーズクラブ: http://www.idlersclub.org/

special thanks:
UZI http://www.uzi.co.jp/
TUC racing http://www.tucgroup.co.jp/
PROMODET http://www.promodet.co.jp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

primage