PORSCHE News and Reports

チャンネル9スタッフによる「ポルシェ探訪

【ポルシェ探訪】 in 伊香保クラシックカーラリーミーティング2011

「ポルシェ探訪記」。
ポルシェを「モノ」としてとらえるだけではなく、その先に見えるポルシェの楽しみ方「ライフ」、「ドキドキ」、「ワクワク」などの感覚をリアルにお伝えするため日々探訪中でございます。

今回の探訪は、都会の喧騒から離れ、群馬県伊香保町で開催された「伊香保クラシックカーラリーミーティング」へのポルシェ探訪。走りの楽しみ方はサーキット! だけではなさそうです。

東京は練馬I.Cより関越自動車道で1時間半と早朝ドライブとしては魅力的な距離だけに毎年多くのエントリーがあるこのイベント。今回は1989年までに生産された車両191台が全国から駆け付けた。ポルシェ勢では356やナロー、930、964から914まで 12台のポルシェがエントリー!イギリス車のエントリーが多く見受けられるクラシックカーレースではありますが、メーカー別では国産を除きMGに次いで2番目に多いエントリー数となった。

なつかしの356Aやスピードスター、私ひそかにマイブームの914、964型のRUF-CTR?
なんて珍しい一台もお目見え。見せるイベントだからでしょうかね?、とにかくみんなきれいにされております!!すでに会場内は久しぶりの再会に喜ぶ仲間、同じ車同士気さくに声を掛け合い情報交換会など車談義があちらこちらで始まり、車両展示ブースやグッズ展示ブースも設営され、次第にギャラリーの数も膨れ上がり会場は一気ににぎやかに。

10:30~
レース中の注意事項やルール、マナーの説明などドライバーズミーティンぐを済ませいよいよラリーのスタート。 ここで今回のレース概要を説明。榛名湖周辺の市街地及び榛名山ワインディングロードが舞台。全長85kmからなるコースには2個所のCP(チェックポイント)が設けられ主催者側が予め定めた通過タイムにどれだけ近いタイムで走れたかを競う。もちろん予め定められたタイムは全員知る由もなく、コマ図と呼ばれる地図のようなものが渡され、記載される目標物を探しながらナビゲーターとドライバーでコースを進んでいくといういわばオリエンテーリングのようなレース、通称ラリー形式のレースとなる。

ナビゲーターはいち早くコマ図に馴れ、それを的確にドライバーへ伝えること、ドライバーとナビゲーターのコミュニケーション がモノを言うレース。なんて堅苦しく感じるかもしれませんがさほど難しいレースではなく、ワインディングでは適度な勾配とタイトコーナーが続き、ちょっとしたカフェレーサー気分を味わい、山の中腹からの展望や榛名湖畔の風景など初秋の榛名山を満喫ドライブ!なんて気楽なぐらいがちょうどよい!途中、観光協会指定の食事処で各々お好みのランチ休憩、その後ゴールへと心地よいテンポでお待ちかねの表彰式へ。

このイベント最大のお楽しみ!「表彰式」。
なぜお楽しみかというと、豪華景品がその魅力!、さらに言えば各チェックポイントごとで10位までに景品が送られ、総合6位までにも景品が!、公平性を持つために一人1個の表彰となり、多くの参加者が景品を持って帰れるよう配慮されている。さらには全員参加のじゃんけん大会!今年は伊香保町観光ホテルペア宿泊券を筆頭に地元特産品やスポンサーグッズなど数多く用意され参加者も大喜び!!

「伊香保クラシックカーラリーミーティング」スワップミートを兼ねたラリー形式の市街地走行レース。
昨年も別の取材で伺って記事にもさせてもらいましたが、私が考えるこのイベントの最大の魅力は、なんと言っても「お手軽感」!!時間的拘束、移動時間、エントリーフィーなどどれをとってもとにかくお手軽なところ!。早朝から動き出しミーティング、ラリー、昼食、表彰までの全スケジュールは午後3時には終了。ただこう書いてしまうと物足りないのでは?、なんて思われそうですが、イベント中のテンポがとにかく良いんです。それとエントリーフィー10,000円という驚異の金額。地元特産品をあしらったランチと景品付き(入賞orじゃんけん勝者)でラリーに参加できるなんて日本中どこを探してもここだけじゃないでしょうかね。
ラリーは初めて!という方やアンチサーキットのポルシェオーナーの方など、クルマへの負担も少なく是非にオススメできるレースです、新たなポルシェライフの選択肢としていかがでしょうか?

今回もイベント中ポルシェオーナー様に突撃インタビューを敢行しました!
※詳しくはオーナーズボイスページを参照
これからラリーを!とお考えの方、ポルシェ購入検討中!の方まで、
それぞれにポルシェとの向き合い方スタンスは違えど、自分の居心地の良い楽しみ方をされている素敵なお二人に話を聞くことができましたので是非参考にしてみてくださいね。

special thanks:
伊香保クラシックカーラリーミーティング
Evita


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

primage