PORSCHE News and Reports

チャンネル9スタッフによる「ポルシェ探訪

カイエンS ハイブリッド(インテリジェンス)|ポルシェ探訪

こんちわー。チャンネル9です。

いやー、新緑の深まるこの季節、まさにドライブシーズンですね。
箱根ターンパイクなどのメジャードライブコースは早朝から賑わっているようです。

さて、ちょっとさぼり気味だったチャンネル9ブログですが、今回センスの良い「カイエンハイブリッド」があるよ〜なんて情報が届いたのでちーと拝見しに行ってきました。

カイエンも2002年に発売されてから今で2代目(2010年〜)。
(初代は前期と後期があるから見た目の違いで言えば今で3代目かな!?)
いや〜今でも初代が登場したときの、あのセンセーショナルなデビューは忘れられません・・・!?

cayenne s hibrid

今回ポルシェ探訪でピックアップするのは「新型カイエンS ハイブリッド」。
しかし、このカイエンS ハイブリッドは、巷で見かける所謂インポーターパッケージのものや並行輸入車とは、ひと味もふた味も違うセンスに溢れたインテリジェンスなカイエンS ハイブリッドだ。

cayenne s hibridcayenne s hibrid

cayenne s hibrid

かなりのオプションオタクかつお金持ちで、何台も特別オーダーをした経験を持たない限り、数あるオプションの中からセンスよくコーディネイトをして注文するのは至難のワザだ。しかもその現物は納車されるまで分からないときている。

今回拝見したカイエンは、そんな難しい特別オーダーの数あるオプション装備の中から、ショップオーナーが自らのセンスをビンビンに高めてチョイスしたというだけあってカッコ良くて品のある“ベストチョイスカイエン”とも言える。ということで、今回装備されているオプションの中からこだわりのチョイスをご紹介。

cayenne s hibrid

■オールレザーインテリア・ツートンカラー(アンバー/クリーム) ¥670,000

外装色に合わせてチョイスされたアンバーとクリームのツートンはいかにも「本質の分かる大人のチョイス」。
汚れそうだからとかそんな心配をしてしまうようではまだまだだ。ステッチはこの2色をチョイスすると自動的にこのカラーに決まるとのこと、ドアを開けた瞬間にオーナーのハイセンスが光る! う〜、ステキ!

caynenne s hibrid

■パドルシフト付3本スポークSportステアリングホイール ¥74,000

このステアリングオプションは費用対効果バッチリの“マストチョイス”だ。
「やっぱりお金をかけてせっかくのオプションを追加するんだから見た目にも(見られても)機能的にもすぐれたモノを選びたいですね」とのことで純正ステアリングと比べてセンスアップ度は間違いなく5つ★だ。もちろんステアリングカラーは内装色と同色キマリ!
通常ステアリングスポークに付いているシフトチェンジボタンがパドル方式になることもポイント!

cayenne s hibridcayenne s hibrid

■パノラミックルーフ ¥335,000

開放感あふれるパノラミックルーフは心地良い車内空間を演出するこれまた必須アイテム。
これがあれば後席に座る大事なお子様もご機嫌だね。

cayenne s hibrid

cayenne s hibridcayenne s hibrid

■メタリックボディーカラー ¥181,000

クルマの印象の大部分をしめるボディーカラー。カイエンSハイブリッドの場合、ソリッドカラー2色、メタリックカラー7色、スペシャルカラー2色の合計11色からチョイスすることが出来る。普段見かけるカイエンは、白、黒、シルバーがほとんどだからこのオーバーンメタリックは新鮮でハイセンスなカラーだ。
このカラーを販売店がストックしていることはほぼないだろうし、今注文してもいつ来るか分からないというから、このカイエンSハイブリッドは新車でありながらも希少車とも言える。

cayenne s hibrid

■キーペイント(ボディカラー同色) ¥39,000

このオプションはショップオーナーのこだわりの何者でもない。
「クルマの色聞かれたりしたら“ハイ! この色”って言えるでしょ」だって、ん〜憎い!
実は、このオプションは、日本の正規ディーラーでは選べないオプションで、新車並行だから成せるワザだったが近頃それも出来るようになったとのことで・・・。

cayenne s hibrid

■21インチ カイエンスポーツエディションホイール (日本未導入モデル) ¥894,000

分かる人には分かる足元のオシャレ! カイエンS ハイブリッドの標準は18インチだから21インチのこのホイールはそれに比べてかなりスポーティー、今回のオーバーンメタリックの外装色にもベストマッチだ。

とまあ、その他オプションも含め約354万円の豪華装備は、クルマのことを知り尽くしたショップオーナーがチョイスしたオプションだけにどれもハズさない!
さらに、さらにヨーロッパ並行輸入ではリアハッチのナンバープレートを装着する場所が横長ナンバープレート用になるところだが、アメリカからの並行輸入で日本のナンバープレートサイズに合うようになっていたり、ポジションランプがオレンジからクリアーに変更されているなど妥協はいっさいない。まさにクルマを知り尽くした職人ワザと言える。

grsz_mr_arai

今回このカイエンS ハイブリッドを拝見しにお邪魔したのは、世田谷にある「グーラツ・オートモビール」さんだ。
ショップオーナーの荒井さんセレクトのこのカイエンは既に売約済みとのことだが、次のカイエンS ハイブリッドも間もなく到着するとのことだ。人とは違う自分の個性に合ったクルマを探している方は一度インテリジェンスな荒井さんに相談してみると良いかも。
来年には新社屋もオープンするというグラーツさん、次はどんなクルマを仕立ててくれるのだろう。

荒井さん一報お待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

primage