PORSCHE News and Reports

チャンネル9スタッフによる「ポルシェ探訪

 

話題の992型ポルシェ911がいよいよ国内デビュー!

先日の富士スピードウエイでのお披露目取材に続き、

チャンネル9には一足先にドイツ本国モデルをいち早く輸入し

日本に最速入庫したポルシェ992のカレラS新車が登録された模様です!

 

車両詳細はこちら↓
https://www.channel-9.jp/channel-9/stockdetail/480-1_691.html

 

希少となる左ハンドルの992(※日本国内モデルは右ハンドルのみの設定)

気になる方はお早目のお問い合わせを。
※2019/7/3現在の登録状況のため売約御免ということでご了承を。

その他ポルシェ992の入荷情報はこちらでも↓
https://www.channel-9.jp/channel-9/maker_200005/10530.html

 

3リッターツインターボエンジン450PS、ワイドボディがスタンダードとなる

New911カレラSの詳しい内容はポルシェジャパンホームページより↓

ポルシェ・ジャパン New911特設ページはこちら>>

 

素のカレラの登場も待ち遠しいところ。。。

発売は来年の春だとかって話ですが、果たしていつなのか。

楽しみに待ちたいと思います!


6/15(土)、16(日)の2日間富士スピードウェイにて開催のSCTD(Porsche Sportscar Together Day)のイベント。

新型911とポルシェのレースを見たさに参加してきました。

 
聞きなれないこのSCTDというイベント。

昨年までPorsche Experienceの名称で年に一度のポルシェのイベントとして開催。

3回目を迎える今年からレース名称を「Porsche Experience 2019」、イベント名称を「Porsche Sportscar Together Day 2019」として富士スピードウェイをポルシェで埋め尽くすことになりました。

 

文字通りポルシェで埋め尽くされた富士スピードウェイ。

Porsche Experienceは各国でも開催されているようです https://experience.porsche.com

ポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)、ポルシェカレラカップアジア(PCCA)、ポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)のモータースポーツではレースがスタートする直前の緊張感漂うドライバーやチームスタッフを間近で見ることができるグリッドウォーク、日本初の新型911のお披露目、クラシックポルシェの展示、ポルシェのパレードランまで、ポルシェオーナー以外にも楽しめるイベント。

将来のポルシェドライバーになりそうな子供たちや若者の姿も多く見受けられました。

これだけ楽しめて入場料は1,000円ポッキリ!

もちろんこの入場料1,000円もチャンネルナイン御中でしっかり領収書を切ります。

 

多くの来場者の注目を集めたのは2018年11月にロサンゼルスでワールドプレミアの新型ポルシェ911。

911シリーズでは8代目となるタイプ992

国内ではこのイベントで日本初の一般公開となりました。

展示だけではなくラストはこの新型911のサーキット走行・・・

驚いたのはその速さ。

イベントも終わりかけ、メインスタンド裏のパーキングで一眼レフをクルマに仕舞い一息ついていたその瞬間。

アナウンスもなく突然のように新型911のサーキット走行がスタート。

ラストの周回でカメラを持ちましたがこんな3枚しか撮れていませんでした。

 

コーナーでは991型のGT3には当然引けを取りますが、ストレートでの圧倒的な加速能力はこの992型がサーキットで噂になる理由を一瞬で理解できました。

 

気になる方はネットで新型911サーキット走行 と検索してみてください。

 

ただ、この新型ポルシェ911のサーキット走行時間はタイムテーブルにも【スペシャルラン】としか記載がなく、メディアの皆さんもほんといなかったのでネットにもあまり出回っていないはず。。。

 

この写真だけでも貴重なんです。

 

レースやクラシックカーの紹介はまた。


primage