996Carrera4 12ヵ月定期点検

Pocket

2004年 996Carrera4 12ヵ月定期点検を承りました。

整備のご紹介です。

遠方の販売店さんでのご購入のため、点検整備のご依頼を頂きました。多数あるメンテナンスショップの中で弊社をお選びいただき大変感謝しております。

早速各部点検開始です。

まずはエンジンルーム各部。

定期的にメンテナンスされていたお車のためコンディションは良好です。

 

納車整備でブレーキメンテナンスも行われていたようで、ブレーキ関連も整備を必要とする箇所はありません。

 

カレラ4のため車体後部トランスミッションよりフロントデフへ駆動を伝えるためにプロペラシャフトが通っております。

そのジョイント部にラバー製の部品を使用しているために、経年劣化でクラックが入っておりましたので交換整備となります。

色々な呼び名がありますが、「プロペラシャフト・ディスクジョイント」や「カルダンシャフトジョイント」などといった感じでしょうか

駆動関係のオイル交換履歴が不明でしたので、ATFと各デフオイルもお取替えさせて頂きました。

特に気になる金属片などは無くコンディション良好です。

ATのドレンボルトがサビていたためにナメてしまう心配がありましたが、無事に外せました。

もちろんドレンボルトは新品交換し、テスターで油温を確認しながらきっちりと油量合わせを行います。

最後にエンジンオイルもオイルフィルター交換しロードテストを実施して完了です。

 

遠方のショップさんなどでお車を購入され、メンテナンスでお悩みの方は是非ご相談ください。

オイル交換だけでも喜んで作業させて頂きます!

 

W.R.P

名古屋市守山区大森4丁目204

Tel 052-798-9110/Fax 052-798-9300

wrp930@gmail.com

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です