空冷ポルシェのドアウェザーストリップ  ~AUTOSTOP~

今回のお車はポルシェ964ですがそれまでの911系や

993にも言えるドアのウェザーストリップの劣化。

w1

特にドア下側は乗り降りで擦ってしまったりして上写真

のようにボロボロになってるのをよく見かけます。

w2

交換するとこんな感じです。

ドアを開けると目に入る部分ですし気になったら交換して

あげましょうね。。。


ポルシェ964 ちょっとした事なんですが…  ~AUTOSTOP~

今回、初めて定期点検でお預かりしたポルシェ964。

s1

で、点検中に気になったのがこのヒーターダクトに

付いている温度センサー。なんだかブチルゴムっぽ

いネバネバした物で固定されちゃってる。

大した事でもないのですがどうも気になっちゃいます。

s2

で、ネバネバを剥いてみると案の定でした。。。

s3

このゴムがダクトとの間に挟まって固定されるのですが

付いてなかった。。。たまにあるんです。

で、気になっちゃう自分としてはこんな時の為に新品部品

を在庫するようにしてます。

s4

これが本来の姿。いかがでしょう。。。


ポルシェ993 忘れがちなエアコンフィルター  ~AUTOSTOP~

空冷ポルシェの中で唯一エアコンにフィルターを装備する

ポルシェ993。

a1

ついつい交換するのを忘れがちに・・・

ベンツやBMWだと汚れて目詰まりを起こすとキッチリと

風が出なくなるので定期的な交換を忘れる事も無いの

ですがポルシェ993はフィルターが汚れても何故か?!

風が出てくるんです。(隙間があり過ぎるのでは・・・??)

a2

一応、左右に2個付いてるので身に覚えのない方は

交換しましょうね。。。


またまたスピーカー交換  ポルシェ993  ~AUTOSTOP~

ブログ効果でしょうか?

記事を見ていただきご来店のポルシェ993。

s1

最近の定番、ステレオの音割れ。

相変わらず純正は見るほどに貧祖な素材です。。。

s2

それ程、高価なスピーカーでなくても純正に比べれば

相当に立派な音が出るようになります。

s3

純正のネットを使用できるように付ければ

見た目も純正っぽく仕上がりますんで。。。


ポルシェ964 エアコンの水漏れ!?  ~AUTOSTOP~

ポルシェ964がエアコンの水が室内に溢れてくるという

事でご入庫。

よくあるのはエバポレーター温度センサーの不良でエバポ

レーターが凍ってしまい突然に溶け始めてドレンから抜ける

容量を超えて室内にこぼれてしまうという物なのですが・・・

というならセンサーを交換して済むのですが今回は残念なが

ら違いドレンが完全に詰まってしまった感じ。

a1

ドレンはクネクネと曲がっていて外から棒を入れたり

エアを吹き込んでも正直無駄な努力です。

こういう場合は潔くガソリンタンクを外しバルクヘッドの

仕切り鈑を外してエバポレーターのドレンを丸見え状態

にして清掃します。

上写真はエバポレーターの箱から出ているドレンチューブ

を外した所。見事な位に冷え冷えな水が出てきました。

a2

で、何処が詰まってたかと言うと。。。

a3

エバポレーターの水抜きドレンは左右に2か所あり

それが中央でT型ジョイントで1本になって外に排出

されるのですがそのジョイント部が泥で詰まりきって

ました。

作業的にはこのジョイントを掃除するだけですがそこに

行きつくには・・・結構面倒ですね。。。


ポルシェ993 HIDバーナー切れ  ~AUTOSTOP~

ポルシェ993の純正HIDの片側が点かなくなり入庫。

調べるとバーナー切れと判明。HIDでも15年以上使ってれば

切れる事もありますネ。

h1

で、どうせならとちょっと明るめなものに交換する事に。

写真の撮り方が悪く左右の差が解らない感じですが

向かって左が今までの純正で約4000K位の物。

右が今回使用した6000Kのバーナーです。

実際の所はだいぶ明るく感じるようになりました。

h2

今回使用したのはBOSCH製になります。。。


ポルシェ993のよくあるトラブル ハンドルを動かすと鳴っちゃうホーン  ~AUTOSTOP~

ポルシェ993によくあるトラブルの1つ。

h1

ハンドルを動かすと「プップッ…」って鳴っちゃうホーン。

原因はほぼエアバッグとステアリングの間に挟まってる

リテーニングフレーム。

おそらく経年劣化でエアバッグの重さに耐えられなくなり

ホーンボタンが接触してしまうんでしょうね。。。

h2

これがリテーニングフレーム。四隅のブッシュがホーンボタン

見たいな役目をしているのですが・・・もうちょっと素材を考

えて欲しいとこです。。。


ポルシェ993 オイル洩れ修理  ~AUTOSTOP~

ポルシェ993の定番オイル洩れ修理。

t1

今回はご覧のようなタペットカバーと写真は撮って無いですが

チェーンカバー廻りのオイル洩れ修理です。

t2

タペットカバーはIN側・EX側共に修理します。

IN側はカバーは再使用でブッシュを抜き取ります。

t3

そしたならシールして元に戻しガスケットを交換。

t4

EX側はタペットカバーも新品にしますが

ブッシュは一度抜いてシールしてあげます。

その他、チェーンカバーガスケットを交換したり(この暑さで

写真はすっかり忘れてましたが・・・)で流石にまる2日かかって

しまいました。。。


ポルシェの整備にいろんなトコからおいでいただきました  ~AUTOSTOP~

夏休みも終わり今週から本格的に仕事も再開な感じ。

n1

まずはここ最近にお付き合いさせて頂いてる方が

エアコンの不具合でご入庫。品川ナンバー地域の

方ですが世田谷から第三京浜に乗ってしまえば約

15分で着いてしまうので・・・と言う事で来ていただ

いてます。

n2

お次は練馬ナンバー地域のお客様。

ちょっと環七を使って来ていただいてます。

こちらはオイル洩れの修理。

n3

で、とどめはなんと富山からわざわざ来て頂きました。

何故か当店のブログを見ていて来ちゃった感じ。

ありがたい事でございます。。。

先週入庫してきたミニに続き今日はポルシェ三昧。

工場もちょっとヤバい感じになってます。。。