最近多い空冷ポルシェ ファンシュラウドトラブル

空冷ポルシェで最近多くなってきているトラブル。

空冷ファンシュラウドの変形によるインペラーとの擦れ。最悪はインペラーの破損

にも繋がるトラブルです。

今回は1995y ポルシェ993。

シュラウド単体にすると色々な所に経年劣化による変形やクラックが見られます。

シュラウドの裏側、オルタネーターを固定する4個の穴もよく見ると内側に

反って変形してたりもします。

酷い物はこのように穴が崩れはじめてる物も…

このトラブル、964・993にかかわらず930系にもよくみられます。

964・993はお高いですがまだ純正部品の供給もあります。930系については

現在、純正部品の供給が無いのでリプロなどで対応するかしかありません。

http://ift.tt/2i1TR5L


コメントは受け付けていません。